ドローンで負傷バウアー、出血止まらず1回途中降板

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

出血した右手小指を見つめるバウアー(AP)

<ア・リーグ優勝決定シリーズ:ブルージェイズ2-4インディアンス>◇第3戦◇17日(日本時間18日)◇ロジャーズセンター

インディアンス先発のバウアーが1回21球を投げたところで、右手小指からの出血が止まらなくなり無念の降板となった。

先頭のバティスタを見逃し三振に仕留め、2番ドナルドソンは四球で歩かせたが3番エンカーナシオンを中飛に打ち取り2死まできた。しかし、右手小指からの出血が止まらず抑えが効かなくなり、4番トロウィツキーを歩かせ2死一、二塁となったところでマウンドを降りた。このピンチは緊急登板したオテロが5番マーティンを二ゴロに打ち取って無失点に切り抜けた。

第2戦の先発予定だったバウアーは、趣味の小型無人機ドローンを修理中に小指を切るけがをし、第3戦に登板が変更になっていた。前日会見では「大バカだと思う」と反省。肝心の投球については「小指は使わないので影響はない。楽しみにしている」と闘志を燃やしていたが、唇をかみしめながら2/3回でマウンドを後にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ
巨人4番候補ゾロゾロ打線「坂本は十分候補になる」
ロッテ幻の挑発ポスター公開「二刀流vs伊東流」
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加