「再生可能コーヒーカップ」でスタバに挑戦する英国人起業家

「再生可能コーヒーカップ」でスタバに挑戦する英国人起業家

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2019/05/27
No image

コーヒーショップのテイクアウトが普及する中、使い捨て紙コップのゴミが問題になっている。1年に消費される紙コップの数は、スターバックス1社だけでも推定70億個。スターバックスは昨年、マクドナルドなどのグローバル食品企業と提携し、次世代紙コップのアイデアのコンテスト「NextGen Cup」を始めた。

「これは業界の誰もが解決案を探し求めている問題だ」と、英国ウェールズのレクサムを拠点とするFrugalpacのマルコム・ウォーCEOはそう指摘する。Frugalpacは今年、24時間稼働する約1700平方メートルの自社工場で、リサイクル可能な紙コップの大量生産を開始した。

一般に流通している紙コップの多くは、液体が漏れないように内側にプラスチック樹脂などのフィルムがラミネートされている。そのため、紙だけでできた製品のようにリサイクルができず、廃棄処分される。PLA(とうもろこしを原料とするポリ乳酸)などの生分解性プラスチック使った製品もあるが、ウォーによると「大部分は埋め立てゴミになっているのが現状」だという。

Frugalpacの紙コップは、これまで分離が難しいとされていた外側の紙とフィルムを分離できるのが売りだ。専用の設備は必要ない。「家庭でもできる。水を張ったシンクやバケツに浸すだけでいい。8分もしないうちに内側が剥がれてくる」とウォーは話す。

フィルム部分も紙もそれぞれ、既存の再生工場でリサイクルできる。フィルムを剥離する過程で必要な水も、従来の紙のリサイクルに使われる水で事足りるため、新たに大量の水を消費することもない。

また、他社製の紙コップの多くがバージンパルプを使っているのに対し、Frugalpacの紙コップは再生紙を使っている点も特徴のひとつだ。消費者は街中や家庭のリサイクル用ゴミ箱に捨てるだけでいい。

現在、Frugalpacが製造する紙コップは、8オンス(227ml)、12オンス(341ml)、16オンス(455ml)の3種類。デザインのカスタマイズも可能だ。ウォーはまず英国内の小規模経営のコーヒーショップと組み、草の根で紙コップの消費習慣を変えていきたいと考えている。

その理由は、小規模ビジネスの方がグローバル展開する大規模チェーンよりも意思決定のスピードが速く、Frugalpacの成長スピードにも合っているからだという。

「(消費者も店も)特別なことは何ひとつしなくてもいい。これは紙コップのリサイクル革命の始まりだ」とウォーは話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大和ハウス、住宅等で不良物件が大量発覚...2年前に把握しながら公表せず
「大倒産時代」が今秋から始まるといえる、これだけの理由
都道府県魅力度「上昇率」ランキング!3位宮崎、2位群馬、1位は?
これは「静かなる有事」だ...2045年のヤバ過ぎる日本の未来
日立製作所、容赦ない主要子会社売却で製造業切り離し...果敢な巨額買収でソフト企業へ変貌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加