TBS「下剋上受験」見事合格!最終回は8・0%

TBS「下剋上受験」見事合格!最終回は8・0%

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/03/21
No image

TBS系ドラマ「下剋上受験」の試写会に登場した左から深田恭子、山田美紅羽、阿部サダヲ

1月スタートの連続ドラマ、TBS系「下剋上受験」(金曜午後10時)の17日最終話の平均視聴率が8・0%(関東地区)だったことが21日、ビデオリサーチの調べでわかった。全話通しての最高は初回の10・9%で、最低が第8話の5・0%だった。

中卒の父と偏差値41の娘が、塾にも行かず最難関中学校受験を目指した実話をドラマ化。阿部サダヲ(46)が父役を熱演し、本格的な母親役は初挑戦という深田恭子(34)がその妻を演じた。

最終話は、約1年半かけて桜井家が挑んだ“下剋上受験”の結果がついに出る。佳織(山田美紅羽)に中学受験をさせると決めてから約500日。紆余曲折を経て迎えた桜葉学園の合格発表。信一(阿部サダヲ)と佳織は合格者が張り出された掲示板から自分の番号を探す。しかし結果は不合格…。落ち込む2人に香夏子(深田恭子)が受験票を見せる。不合格の場合も想定していた香夏子が、星の宮女学院の受験手続きもしていたのだった。佳織と信一は一念発起して2度目の受験に挑み、見事合格を勝ち取る、という内容だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
太川陽介&蛭子能収“バス旅コンビ”再び!春の房総半島を旅
瑛太、10年ぶり大河で大久保利通!“西郷どん”鈴木亮平と初共演
土屋太鳳「根に持っていること」を告白
「CMを理解しない子供増」にテレビ関係者が戦々恐々
TOKIO「DASH島」で新たな装置を作成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加