DeNA・ドラ2坂本“高校の後輩”阪神・浜地と1軍で勝負 目指せ!同門対決

DeNA・ドラ2坂本“高校の後輩”阪神・浜地と1軍で勝負 目指せ!同門対決

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/11/24
No image

入団会見でポーズをきめる(前列左から)坂本、森、伊勢(後列左から)蝦名、東妻、ラミレス監督、田部、浅田(撮影・金田祐二)

DeNAのドラフト2位・坂本裕哉投手(22)=立命大=が22日、新人選手5人と共に横浜市内のホテルで新入団選手発表会見に臨んだ。即戦力左腕は高校の1学年後輩だった阪神・浜地と、1軍のマウンドで投げ合うことに意欲を示した。

福岡大大濠時代のかわいい後輩だ。「僕が2年、彼が1年の時に教育係を任されていた」という理由で、一緒にトレーニングをしていた仲。ドラフト指名後、浜地から「おめでとうございます」と連絡をもらったと言う。

「そうなればいいですね」と1軍の舞台で投げ合うことができれば最高だ。壇上では「即戦力として取ってもらったという自覚がある。1年目から横浜スタジアムで躍動したい」と力を込めた坂本。同門対決を実現するため、鍛錬を続ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト、バレンティンの退団が意外なところから漏洩? 自由契約から約1週間、思わぬ事態に「これ本当?」ファン困惑
石川佳純“黒髪ロング”イメチェンに歓喜の声「断然かわいい!」
張本氏、モーグル女子選手に「うら若い女性が...何が面白いのか」発言で炎上 “セクハラ”の指摘も
広島、屈辱のBクラス 不測の事態重なりチーム崩壊―野球クローズアップ
弟がドラ6でヤクルト入団。八戸学院大・武岡大聖が抱えた嫉妬と決意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加