【投資のヒント】決算集計速報 PART7 後半戦ピークの決算発表で上方修正を行った銘柄は

【投資のヒント】決算集計速報 PART7 後半戦ピークの決算発表で上方修正を行った銘柄は

  • ZUU online
  • 更新日:2017/11/14

先月下旬からスタートした3月期決算銘柄の中間決算もいよいよ終盤に差し掛かってきましたが、先週末10日が決算発表後半のピークで560社を超える上場企業が決算を発表しています。

そこで10日の決算発表をTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に早速集計してみると、折り返し地点の中間決算ということもあって業績予想の上方修正に踏み切る企業が引き続き多くみられました。

例えば大成建設 <1801> や長谷工コーポレーション <1808> 、戸田建設 <1860> などの建設会社が通期の営業利益の見通しを上方修正しています。しかし、株価の反応は対照的で上方修正した見通しがコンセンサス予想に届かなかった大成建設と戸田建設の株価は決算発表を受けて大きく下げたのに対し、コンセンサス予想を上回る上方修正を行った長谷工コーポレーションの株価は堅調でした。そのほか三井金属鉱業 <5706> やダイフク <6383> なども業績予想を上方修正しています。

■もう一つのヒント

◆明日と週末の決算発表スケジュールは

決算発表もいよいよ終盤で決算発表も残すところ僅かとなりました。こうしたなか明日は鹿島 <1812> やリクルートホールディングス <6098> 、三菱UFJフィナンシャルグループ <8306> 、三井住友フィナンシャルグループ <8316> などが、そして週末は東京海上ホールディングス <8766> などの大手損保などが決算発表を予定しています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
お一人様用炊飯器、ヒットの理由は? 出先でも炊きたて...「年配の方も購入」
古賀茂明が指摘する「実力の衰えた日本企業が好調を維持しているカラクリ」
三菱商事、東芝、メガバンク...大手企業を辞めた20代若手社員はどこに消えたのか? 先端テクノロジーに惹かれる若者たち
日本の宅配業者を救う旧くて新しい宅配ボックス
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加