公明山口代表「核兵器廃絶へ流れ止めてはいけない」

公明山口代表「核兵器廃絶へ流れ止めてはいけない」

  • テレ朝news
  • 更新日:2019/08/15
No image

公明党の山口代表が終戦記念日の15日に都内で街頭演説を行い、核兵器廃絶への流れを止めてはならないと訴えました。

公明党・山口代表:「核兵器禁止条約にせよ、非核3原則にせよ、問題は核を保有する国々に影響を与えるものでなくてはなりません。対話が閉ざされ、分断が進み、結果的に核軍縮が一歩も進まないという状況は断じて避けなくてはなりません」
2017年に国連で採択された核兵器禁止条約には、アメリカなど核保有国や日本は参加していません。山口氏は、アメリカなども参加するNPT(核拡散防止条約)の体制で日本と核保有国が対話することが核兵器の廃絶には重要であると訴えました。

山口代表「発言の重み考慮し発信を」山東氏発言受け

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NASA宇宙飛行士、宇宙から不正アクセスか
宮崎文夫容疑者、まさかの「実刑なし」も 罰金・執行猶予で自由の身?
《佐野SAストライキの真相》”解雇部長”が着任1年でベテラン従業員たちの心を掴んだ理由
タイ振り込め詐欺、新たに逮捕の男「わからない」
マカオ行政長官選挙、親中派の賀一誠氏が当選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加