東京五輪の体操 オールラウンダーの負担減らす日程案

東京五輪の体操 オールラウンダーの負担減らす日程案

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

20年東京五輪の体操で、オールラウンダーの負担が軽減される日程が組まれる可能性が16日、浮上した。

No image

体操の内村航平

12年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪の体操は開会式翌日から男子団体予選、女子団体予選、男子団体決勝、女子団体決勝、男子個人総合決勝、女子個人総合決勝と連日行われた。日本のエース・内村航平(28=リンガーハット)にとっては団体予選、決勝、個人総合と中1日で6種目をこなしていく厳しい日程だった。

東京五輪では女子団体決勝の翌日にトランポリン女子、翌々日にトランポリン男子を実施し、団体決勝と個人総合が中3日開く日程案を、日本協会として五輪組織委員会に提案している。国際オリンピック委員会(IOC)の決定はまだだが、日本協会の遠藤幸一常務理事は「団体で6種目出る選手の負担が今は重すぎる。選手を守るためにもこの日程の方がいい」と説明した。

内村は3年後の夢舞台を大ベテランとなる31歳で迎える。団体連覇、そして個人総合3連覇へ、回復の時間が増える日程は追い風になるに違いない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
うぅ...マジか!「初めてのエッチ」で男がビックリしたこと6つ
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
ロンブー田村淳、特番で“人生を賭けた”重大発表!
ソシオパス(社会病質者)である可能性を示す7つの兆候
  • このエントリーをはてなブックマークに追加