〈明治神宮大会〉創成館、初出場で準優勝 明徳義塾に完敗

〈明治神宮大会〉創成館、初出場で準優勝 明徳義塾に完敗

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/14

明治神宮野球大会に高校の部で九州地区代表として初出場した創成館(長崎)は14日、神宮球場で行われた決勝で四国地区代表の明徳義塾(高知)に0-4で敗れ、準優勝に終わった。

今大会ここまで3試合連続2桁安打だった打線が4安打に抑え込まれ、一度も三塁を踏めなかった。投手陣も踏ん張れず、先発の七俵陸(2年)は6回2失点。7回から伊藤大和(同)、川原陸(同)と継投したが追加点を奪われた。

=2017/11/14 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷翔平はどの球団に行けばいいのか? 最初の舞台はナ・リーグの球団!?
由伸監督「Gグラブ取れたし」小林ベストナイン課す
稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!
「比較不可能」打てる投手の域を超えた“打者”大谷をMLB公式サイトが特集
早すぎたトライアウト。「高卒プロ入り→戦力外」の道に後悔はあるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加