プロスペクト---2Qは売上高が34.86億円、マンション分譲や注文住宅で新規契約や引き渡し件数が増加

プロスペクト---2Qは売上高が34.86億円、マンション分譲や注文住宅で新規契約や引き渡し件数が増加

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/13
No image

株式会社フィスコ

プロスペクト<3528>は10日、2018年3月期第2四半期(2017年4~9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比12.6%減の34.86億円、営業損失が10.06億円(前年同期は3.67億円の損失)、経常損失が2.95億円(同5.50億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益が19.03億円(同5.68億円の損失)だった。

不動産販売事業のマンション分譲は、77戸、30.15億円の新規契約(前年同期は91戸、29.74億円)を行うとともに、24戸を引渡し、売上高は7.66億円となった。不動産販売事業の注文住宅は、21棟、5.90億円の新規契約(前年同期は13棟、4.17億円)を行うとともに、11棟を引渡し、売上高は4.76億円となった。

なお、当第2四半期連結累計期間において、The Prospect Japan Fund Limitedを子会社化したことに伴い、負ののれん発生益24.20億円 を特別利益に計上した。

2018年3月期通期の連結業績予想については、事業の性質上、通常の業績を適正に予想することが極めて困難なため、開示をしていない。
事業多角化戦略としてM&Aを積極採用しており、また重要なセグメントの一つとしてアセットマネジメント事業を展開しており、経済情勢や市場環境の変動による影響を大きく受ける傾向があるためである。

また、同日に期末配当予想の修正を発表しており、前回予想の3円から1円増配の4円配を予定している。The Prospect Japan Fund Limitedの完全子会社化に伴う特別利益を計上したためである。

<MW>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神対応疲れ、働き方改革疲れ
「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー
ウォール・ストリート・ジャーナル
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
ソニー、出井伸之路線失敗の象徴「AIBO」復活の意味
ラーメンの幸楽苑が52店閉鎖へ。日高屋とどこで明暗が分かれたか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加