新十両矢後が5敗目「あまり当たれていなかった」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

<大相撲秋場所>◇6日目◇15日◇両国国技館

新十両で西13枚目の矢後(23=尾車)に、試練の土俵が続く。再十両で西14枚目の希善龍(32=木瀬)と対戦。上手投げで敗れ5敗目(1勝)を喫した。

186センチの自分より5センチも身長が高い相手に、頭から当たって圧力をかけたかった。だが「立ち合いで当たることだけを考えていたけど全然、体も足も出なかった。あまり当たれていなかったです」と反省する立ち合いが、後々にも響いた。けんか四つだったが、相手得意の右四つに組み止められ、左の上手も取れないまま土俵中央で、がっぷり四つ。勝機と見た希善龍の左からの投げで、土俵に転がされた。

「相手の形になってからの攻めがなかった」と、自分の相撲を取れなかった、もどかしさを残した。「ここが踏ん張りどころ」とも。安易な験直しには頼らず「毎日しっかり体を動かすこと。まだまだ頑張ります」と、試練とは正面から向き合いながら、残りの土俵も務める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬富士「しょうがない」今場所4個目の金星配給
貴景勝、初金星! ライバル阿武咲に続いた「1つのターニングポイント」
琴奨菊、元大関の意地=大相撲秋場所
豪栄道、宿敵・栃煌山下し9連勝 故郷では早くもPVを検討
“役満級快挙”平幕賜杯だ!千代大龍、1敗豪栄道をピタリ「1差」追走/秋場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加