フォトジェニックな台湾中部 南投の秘境 忘憂森林

フォトジェニックな台湾中部 南投の秘境 忘憂森林

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2017/11/14

ニーハオ!

台北人(taipeijin)です。

忘憂森林に出没!

南投の山奥で人気のある森林地帯渓頭よりも、もっと奥にある忘憂森林(ワンヨウセンリン)は、秘境の部類になります。

No image

難易度高いです。

台湾の観光では上級者編になります。

交通は車で途中迄行きますが、後は近くのお茶屋さんが往復200元で提供している四輪駆動の車に乗り換えて、悪路の山道を登ります。

No image

四輪駆動でなくては登れない急勾配です。

歩いても登れますが、かなり時間がかかると思います。
約30分くらいでしょうか?

急勾配ですので、体力に自信がある方は歩きでも大丈夫だと思います。

道が整備されていないので、車が前後左右に揺れて乗客は叫びまくりです。
道幅も狭く、対向車はすれ違うのが難しいです。

No image

人生初めてレベルのものすごい道でした。

運転手の運転も荒くて、細い道をガタガタ揺らしながら猛スピードでした。
乗っていた時間は約15分くらいでしょうか?
ちょっと生命の危険を感じました。

中から風景写真を撮ろうとしても,携帯やカメラが振り落されそうです。

さて、四駆でいける所まで行くと、あとは車は駐車場が無いので、すぐに引き返す。とのこと。「帰る時には電話してください。」と言われて放置されました。

立て看板に運転手の携帯電話番号が描かれていました。

No image

秘境の為、あまりこのような情報が無く、事前に知らないことが多くて、行ってみてびっくりでした。

インスタの美しい写真を見てウカツに行くと、腰を抜かすかもしれません。笑。

あとは山を登ります。
ケモノ道の様な細い道です。

私が行った日は前日雨が降り、地面がドロドロで滑りそうでした。
ここで転んだら、大変なことになると思い、気をつけて歩きました。

10分位歩くと、池が見えてきて、枯木立の群が見えてきます。

No image

それが忘憂森林です。

No image

うれいを忘れる森林。

本当にそんな感じの神秘的な風景です。

No image

ここは以前は普通の森林でした。

1999年の9月21日に南投が震源地の大地震があった時に地形が変わり、堰きとめられた雨水が溜まり、池になりました。

ずっと水が溜まっていた為、木立は枯れてしまいました。

そうして枯木立群ができました。

No image

来るまでの苦労?も忘れられました。

冬場にはあまり雨が降らないので、池が消失することもあります。

お水の無い時の枯木立の群れも見てみたいです。

No image

もし行かれる場合は晴天の朝をオススメします。

午後からは霧が出たりします。

海抜2000メートルのところですので、急に天候が変わる場合があります。
雨具の用意をする方が良いですね。

私は車で行きましたが、かなり時間がかかると思います。
台北から車で5時間以上かかりました。

バスの場合は前の日に台中か南投に宿泊する方が良いと思います。

フォトジェニックな忘憂森林で、思い出になるお写真撮りましょう!

住所:南投縣竹山鎮大鞍里溪山路3- 25號

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
【心理テスト】この絵、何に見える? 答えでわかる恋人ができる時期
「あんまり怒らない人」にありがちなこと8つに共感の声 「すごくわかる」「あるある」「当てはまりすぎて怖い」
1日1回のオーガズムで医者いらず!実は、女性の万能薬
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加