「JIN-仁-」の南方先生が老眼や白内障を解説するオリジナルコンテンツ公開

「JIN-仁-」の南方先生が老眼や白内障を解説するオリジナルコンテンツ公開

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/12
No image

日本アルコンとアルコン ファーマは10月10日、目の疾患啓発に関するオリジナルコンテンツ『「JIN-仁-」x「アルコン」眼の章』を日本アルコンホームページ上で公開した。

両社は10月10日が「目の愛護デー」、10月12日が「世界視力デー(World Sight Day)」であることから、10月を「目の愛護月間」としている。同企画はそれにちなんだもので、オリジナルコンテンツには、目の疾患が気になり始める40代から50代に人気の医療マンガ「JIN-仁-」を採用した。

オリジナルコンテンツは、「JIN-仁-」の主人公である南方仁先生が、タイムスリップした江戸時代で目の疾患や症状に悩む登場人物に現代の最新治療を伝授していくという内容になっている。10月10日には「老眼」を公開。今後、毎週1本ずつ計3本を掲載する。10月17日は「糖尿病網膜症」、10月24日は「白内障」を公開予定とのこと。

コンテンツは2018年1月上旬まで、3カ月期間限定で公開する。

(C)村上もとか/集英社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇場公開への“ハードル”が高すぎる元SMAPメンバーの映画
ドロシーとアリスが夢の共演!
河森正治監督が最新作『重神機パンドーラ』に込めたテーマともう一つの挑戦
川栄李奈、『KUBO』吹き替えで悪役に挑戦「テンションがあがりました(笑)」
若き日のハン・ソロを描く映画、正式タイトル発表――‘Solo: A Star Wars Story’ は来年公開へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加