「いったい誰が私たちにこんなことを!」 加害者が被害者ぶる行為の有用性

「いったい誰が私たちにこんなことを!」 加害者が被害者ぶる行為の有用性

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2019/10/21
No image

「私も同じく被害者よ!」と装う、加害者であるおばちゃん。

被害女性からすれば、容疑者となり得るのはおばちゃんひとり。

しかし、彼女も被害者である以上、他に犯人がいるのだと思い込まされてしまうわけで。

殴った側が「俺だって痛いんだぞ!」みたいな自己擁護なんかも同じようなもんかね。

【オススメ記事】電車内で熱唱する男に対して、周りの乗客が「いやそこは歌えよ!」となった瞬間

Who did it

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電車内で熱唱する男に対して、周りの乗客が「いやそこは歌えよ!」となった瞬間
犬と遊ぶことすら怠けたい。そんな人向けの自作ボールランチャーの作り方
【鳥肌】「陸の戦闘機だ!」スピード違反車を発見した白バイが緊急走行でフル加速!一瞬で違反車の横につけてしまうテクニックに鳥肌!
カラカラに干からびた地面をスコップで掘ったら出てきたものが凄いと話題に!
ゴキブリを駆除しようとした男性、庭が吹っ飛び呆然(ブラジル)<動画あり>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加