東京為替:ドル下げ渋り、押し目買い興味は失われず

東京為替:ドル下げ渋り、押し目買い興味は失われず

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は、114円43銭近辺で推移。原油価格の大幅反発と米長期金利の上昇を意識してドルは一時114円83銭まで買われた。その後、114円36銭まで反落したが、ドルの押し目買い興味は失われていないため、アジア市場でドルが115円台に到達する可能性は残されている。ここまでのドル・円の取引レンジは114円30銭から114円83銭。
・ユーロ・円は下げ渋り、121円08銭から121円56銭で推移
・ユーロ・ドルはもみあい、1.0586ドルから1.0601ドルで推移

■今後のポイント
・113円台後半で個人勢のドル買い興味残る
・115円台で輸出企業などのドル売り予約はさらに増えるとの見方

・NY原油先物(時間外取引):高値49.42ドル 安値48.98ドル 直近値49.15ドル

【要人発言】
・IMF古沢副専務理事
「トランプ政策は日本にも恩恵(日経)」

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ランクル・バー & クラリティ・ツリー...東京京橋の新スポットでイベント
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
ポケモンGOの「近くにいるポケモン」機能、テストを世界各地に拡大
アイドルオタク、調査結果にブチ切れ 「年8万円消費」で済むわけないだろ!
北千住で幕を下ろしたディスカウントの先駆け「TOPOS」から見る小売業界の栄枯盛衰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加