『マイティ・ソー』新作~『アベンジャーズ4』まで3本まとめたらハルクの単独映画に!

『マイティ・ソー』新作~『アベンジャーズ4』まで3本まとめたらハルクの単独映画に!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/10/12
No image

本作のハルクは一味違う - 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』より - (C) Marvel Studios 2017

現地時間11日、ロサンゼルスでマーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の会見が行われ、ソー役のクリス・ヘムズワース、ハルク/ブルース・バナー役のマーク・ラファロ、死の女神ヘラ役のケイト・ブランシェット、メガホンを取ったタイカ・ワイティティ監督、マーベルスタジオ代表のケヴィン・ファイギらが出席し、“ハルクの単独映画”の可能性について語った。

『マイティ・ソー』シリーズ第3弾となる本作には、ソーの相棒役としてハルクが登場。ハルクは惑星サカールの最強グラディエーターとして人気を博しており、ハルク/バナーの関係性も発展している。

ハルクの単独映画の権利はユニバーサル・ピクチャーズが持っているため、実現は難しいが、ラファロは「僕はハルクの単独映画をやりたいし、みんなそう思っていると思う。実は1年以上前、本作での役が決まる前にそのことについて話したんだ」と打ち明ける。ファイギに「もしハルクの単独映画をやるなら、どんなことをやりたい?」と聞かれ、どのような展開でどんな結末になるかを説明したという。「彼は『気に入った。それを次の3作でやろう。『マイティ・ソー』第3弾で始めて、『アベンジャーズ』第3弾&第4弾に続くんだ』と言った。だからそれが僕のハルク単独映画だよ」と笑って明かす。

「タイカ(・ワイティティ監督)が3本を編集して1本のハルク映画にしてくれるんじゃないかな。やってくれる?」とねだると、「いいよ」とワイティティ監督。ラファロは「そうしたらDVDに入れられるね」と続けて笑いをさらった。ファイギも「この3作を通して彼のキャラクターの旅路でできることにとても興奮しているよ」と認めており、『アベンジャーズ』シリーズでハルク/バナーがどんな経験をすることになるのか気になるところだ。

No image

強い!ケイト・ブランシェットふんする死の女神ヘラ

本作でクリス演じる雷神ソーの前に立ちはだかるのは、彼の武器ムジョルニアさえ容易に粉砕するほどの圧倒的なパワーを誇る、ケイトふんする死の女神ヘラ。撮影現場でも競い合ったりしたのか? との問いに即座に「たくさんね」(ケイト)、「だから今日も隣同士で座らないのさ」(クリス)とジョークを飛ばすなど、言葉とは裏腹に息ぴったり。この日はケイト、ラファロ、クリスの並び順で、「マークがいつも間に入る」というケイトの言葉にラファロが「ほんとうんざり」とこぼして会場は大笑いだった。最後はラファロがケイトとクリスの手を握って仲の良さをアピールした。(編集部・市川遥)

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は11月3日より全国公開

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)主演映画『ういらぶ。』製作決定! ヒロインは“岡山の奇跡”桜井日奈子
平野紫耀また主演映画「ういらぶ。」でキュンキュン
新海誠監督が振り返る、これまでの道のり 日常描写に込められた切実な思い
平野紫耀、阿部顕嵐、松村北斗、安井謙太郎...ジャニーズJr.が映画出演ラッシュ 注目したい若手の“ホープ”は?
実写版『銀魂』をヒットさせた福田雄一監督の最新作『斉木楠生のΨ難』もメチャ面白い!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加