ヤクルト 47年ぶり借金31...真中監督「ミスが出たら勝てない」

ヤクルト 47年ぶり借金31...真中監督「ミスが出たら勝てない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇セ・リーグ DeNA6―1ヤクルト(2017年8月10日 神宮)

No image

<ヤ・D>8回、守備の乱れからDeNAに勝ち越されたヤクルト・真中監督

ヤクルトは終盤に失策で勝ち越され、借金が1970年以来の31に膨らんだ。真中監督は「こういう(競った)試合でミスが出たら勝てない」と嘆くしかなかった。

DeNAの前に2連敗。この日は難敵の左腕・今永の前に打線が沈黙した。これで今永には今季4度目の登板で3勝目(0敗)を献上。杉村打撃コーチも「今永は変化球の精度がよかった。同じ投手に何度もやられているようでは…」と話した。

一方で先発・星は7回1失点の好投。過去2試合で計15失点を喫していたが、修正能力をみせた。真中監督も「今年一番くらいの内容だった」と評価した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
明豊出身・今宮 後輩の“空気感”に感心「リスペクト選手だ」
西武・多和田 2戦連続完封 2位・楽天の背中見えた1.5差
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加