在職老齢年金を解説 - 受給者が働くと年金は減る?

在職老齢年金を解説 - 受給者が働くと年金は減る?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/03/23

「定年退職したら年金がもらえる」ということは、みなさんご存じでしょう。しかし最近ではシニア人材など「高齢になっても働く」ことが珍しくありません。そのとき、「収入に応じて年金受給額が減らされることがある」ことをご存じでしょうか。これを「在職老齢年金制度」といいます。

今回はこの在職老齢年金について、詳しく解説します。
○在職老齢年金とは

在職老齢年金とは、老齢厚生年金の受給権者が60歳以降も働き

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加