ソニーの「wena wrist pro」- 約25%小型化、有機EL採用のスマートウォッチ

ソニーの「wena wrist pro」- 約25%小型化、有機EL採用のスマートウォッチ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/07
No image

ソニーは12月7日、腕時計のバンド部に機能を内蔵したハイブリッド型のスマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」の新モデルを発表した。12月21日より順次発売する。価格はオープン。

○wena wrist pro(ウェナリスト プロ)

「wena wrist pro」は、スマートフォンと連携し電話やメールの着信などを確認できるバンド型スマートデバイス。ヘッド部を取り付ければ腕時計スタイルで使用できる。シルバーとプレミアムブラックの2色を用意。12月21日に発売する。推定市場価格はシルバーが35,000円前後、プレミアムブラックが37,000円前後。

有機ELディスプレイを搭載し、表示行数は1行 / 2行を切り替えられる。従来モデルよりバンド幅と厚みを小さくすることで、体積比で約25%の小型化を実現。防水性能も5気圧まで向上した。

Bluetooth 4.2に対応し、加速度センサーを内蔵。1日の歩数 / 消費カロリー / 睡眠の状態なども専用アプリから確認できる。活動ログ機能のほか、電子マネー機能も搭載しており、かざすだけで決済が行える。

素材にはステンレス材の「SUS316L」を採用し、側面は鏡面仕上げの滑らかな手触り。ヘアライン加工も施されている。バンドのコマ長さは約11mmと小さく、サイズの微調整もしやすい。連続動作時間は約1週間、充電時間は約1.5時間。重量は85g。

○「wena wrist active(ウェナリスト アクティブ)

「wena wrist active」は、GPSや光学式心拍センサーを搭載するモデル。カラーはブラックのみで、3月上旬に発売する。推定市場価格は30,000円前後。

ランニング中の使用を想定。素材にシリコンラバーを採用するほか、3気圧の防水性能も備えるので急な雨にも耐えられる。その他の仕様は「wena wrist pro」とほぼ共通。重量は40.9g。

○wena wrist Mechanical head(ウェナリスト メカニカルヘッド)

「wena wrist Mechanical head」は、バンド部と組み合わせて使用するヘッド部のモデル。ホワイト / シルバー / ブラックの3色を用意。12月21日に発売する。推定市場価格はホワイトとシルバーが54,000円前後、ブラックが55,000円前後。

シリーズ初の機械式ムーブメント搭載モデルで、前面の風防には衝撃や傷に強い球面サファイアガラスを使用。背面はシースルーバック仕様で、機械式ムーブメントの動きを目で楽しめる。

防水性能は5気圧で、連続動作時間は約42時間。本体サイズは厚みが14.35mm、重量が67.5g。

○wena wrist Solar head(ウェナリスト ソーラーヘッド)

「wena wrist Solar head」はソーラー式を採用するヘッド部のモデル。スリーハンズ(3針)とクロノグラフの2モデルに、シルバーとブラックの2色を用意。12月21日より発売する。推定市場価格は、スリーハンズのシルバーが33,000円前後、同ブラックが34,000円前後、クロノグラフのシルバーが43,000円前後、ブラックが44,000円前後。

「wena wrist」シリーズ初のソーラームーブメント搭載モデルで、ヘッド部のみの連続動作時間は満充電後から約6カ月となっている。前面の風防には衝撃や傷に強い球面サファイアガラスを使用、片面無反射コーティングを施しており、照り返しの強い日差しの下でも時間を確認しやすいという。防水性能は5気圧で、本体サイズはスリーハンズが厚み11.1mm、重量46g。クロノグラスが厚み12.7mm、重量が54g。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高機能なのに、めちゃお買い得!なコスパ時計9選
話題の音声翻訳機「ili(イリー)」は本当に海外で使えるのか? 留学経験者に聞いてみた
スマートスピーカーを安易にプレゼントしないほうが良い理由
【衝撃】現役NASA宇宙飛行士「月に行く技術はもうない、不可能」と爆弾証言! 有人月面探査の真実とは?
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 曲げて使える電源タップやバックパック用雨よけカバーがお買い得に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加