【アンケート】ユーザー選定「野球界の流行語大賞」はやはり...2位にはあのキャラの名セリフが!?

【アンケート】ユーザー選定「野球界の流行語大賞」はやはり...2位にはあのキャラの名セリフが!?

  • ベースボールキング
  • 更新日:2016/12/01
No image

『神ってる』がユーザー選定「野球界の流行語大賞」に

きょう、12月1日は今年最も話題となった言葉を選定する「現代用語の基礎知識選 ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10ならびに年間大賞が発表される。

昨年は『トリプルスリー』が年間大賞を受賞、一昨年は『カープ女子』がトップ10入りするなど、数多くの流行語が誕生している野球界。今年も『神ってる』がノミネートしている。

しかし、今シーズンの野球界で誕生した流行語は『神ってる』だけじゃない!そこで今回、ベースボールキング編集部では、2016年における野球界の流行語をピックアップし、独自にアンケート調査を実施。ユーザーの皆さんの投票によって「2016年プロ野球流行語大賞」を決定した。

さて、「2016年プロ野球流行語大賞」に選ばれたのは…?ランキング形式で発表していく。

◆5位 物議を醸したあの新ルール
「コリジョン」(5.9%)

5位には、「衝突」の意で、捕手と走者の衝突回避を目的とした「コリジョンルール」を指す言葉がランクインした。

ご存知のとおり、選手の安全を守るために今季から導入された新ルールだったが、導入直後からルールの解釈や適用の判断を巡って様々な混乱があり、物議を醸した。

また、6月14日の広島-西武戦で広島がコリジョンルールの適用でサヨナラ勝利をものにした「サヨナラコリジョン」にも2票集まった。

◆4位 ついに解禁!
「リアル二刀流」(6.3%)

今季のパ・リーグMVPに選ばれた日本ハム・大谷翔平が成し遂げた偉業『リアル二刀流』が6.3%の票を獲得し、4位となった。

大谷は、今年5月29日の楽天戦に「6番・投手」として出場。プロ4年目にして、初めてパ・リーグの公式戦で投手&打者の『リアル二刀流』で試合に臨んだ。

5月29日を皮切りに、今季は9試合で『リアル二刀流』が実現。7月3日のソフトバンク戦では、「1番・投手」として出場し、初球先頭打者本塁打を放つなど、まさに“規格外”の活躍を見せた。

◆3位 引退表明選手が後輩たちに贈ったメッセージ
「俺のために優勝しろ」(12.5%)

3位も10年ぶりに日本一に輝いた日本ハム関連の言葉がランクイン。今季限りで引退する武田勝の『俺のために優勝しろ』が12.5%の支持を集めた。

今季限りでの引退を決めた武田勝は、9月23日の引退会見後、「俺のために優勝しろ 武田勝」と紙に書き、円陣に参加。この紙がベンチに貼られるなどし、話題となっていた。その後、日本ハムはこの言葉に応えるかのように、着実にマジックを減らし、4年ぶりのリーグ優勝を果たした。

なお、武田勝の引退試合語には、後輩たちから「みんなで勝さんの為に優勝してやったぞ!!」というメッセージが贈られた。

さらに、「俺のために優勝しろ」Tシャツも販売されるなど、大きな反響を呼んだ。

◆2位 突如現れたあの人気キャラの雄叫び
「んほー!!」(13.1%)

今季突如現れ、一躍人気者となった『バファローズポンタ』の名言(迷言?)「んほー!!」が2位にランクイン。13.1%の票を集めるなど、健闘した。

ポンタとは、共通ポイントサービス「Ponta」のキャラクター。今季から「Ponta」を運営するロイヤルティマーケティングがオリックスのキャップスポンサーとなり、オリックスのユニフォームを着た「バファローズポンタ」が誕生した。

その「バファローズポンタ」は、オリックスのキャップ掲示にとどまらず、ツイッターアカウントも開設。試合後に投稿されるバファローズポンタが一喜一憂するイラストが可愛いと注目を集めた。約16万ものフォロワー(11月30日時点)を抱え、時には1万以上リツイートされることもあった。

そして、この「んほー!!」というのは、オリックスが負けた時にポンタが叫ぶ謎の雄叫び。7月6日のソフトバンク戦で敗れた際に飛び出した「んほー!!」のツイートは、23,879リツイート(11月30日時点)された。

なお、今回のアンケートにノミネートしていた『バファローズポンタ』は4.9%で7位だった。

◆1位 本家「流行語」にノミネート
「神ってる」(19.2%)

やはりこの言葉が強かった。本家「新語・流行語大賞」にもノミネートされている『神ってる』が19.2%の票を集め、ベースボールキングによる『2016年プロ野球流行語大賞』に輝いた。

『神ってる』とは、もともと「神がかっている状態」を指す若者ことば。もともと野球にまつわるものではないのだが、2試合連続サヨナラ本塁打を放った鈴木誠也に対し、試合後のインタビューで緒方孝市監督が『神ってる』と表現し、注目を集めた。

スポーツ紙や、テレビのスポーツニュースでこの『神ってる』が大々的に報じられると、いつからか快進撃を続ける広島を象徴するキーワードとなっていった。

ベースボールキングのユーザーが選ぶ「2016年プロ野球流行語大賞」に輝いた『神ってる』だが、「現代用語の基礎知識選 ユーキャン新語・流行語大賞」でも流行語大賞に選ばれるだろうか。「現代用語の基礎知識選 ユーキャン新語・流行語大賞」はきょう17時に発表される。

◆ 「2016年プロ野球流行語大賞」(ベースボールキング編集部調べ)
(回答数:1398)
1位  神ってる 19.2%
2位  んほー!! 13.1%
3位  俺のため優勝しろ 12.5%
4位  リアル二刀流 6.3%
5位  コリジョン 5.9%
6位  永遠番長 5.7%
7位  バファローズポンタ 4.9%
8位  サンキュー幕張 4.8%
9位  超変革 4.5%
10位 熱男 3.7%
その他
最高でーす!
覇気
下町スワローズ
マッスルミュージアム など

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
各球団発表、12月7日の引退選手動向、コーチ、スタッフ人事は?
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
陽岱鋼も獲得!? 今オフ、巨人が水面下で大補強に動く理由「やっぱりまた...」
大谷の年俸急落、MLB新ルールで上限5・5億円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加