志賀原発2号機、原子炉建屋に雨水が流入しショート

志賀原発2号機、原子炉建屋に雨水が流入しショート

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

北陸電力の志賀原発で、大量の雨水が原子炉建屋の中に流入していたことが分かりました。

原子力規制委員会によりますと、先月28日に石川県の志賀原発で、工事のために排水溝をせき止めていたために雨水がたまって冠水し、2号機の原子炉建屋の1階に流れ込みました。1階の床にひび割れがあったため、水は地下にも流れ込んだということです。原子炉建屋の中に流入した雨水は6.5トンに上り、浸水の影響で照明機器の電源盤がショートしました。原子力規制委員会は、原因の究明と再発防止を北陸電力に指示しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
寝屋川市でひき逃げ、大学生が意識不明に
交際相手の父親ら4人殺傷、韓国籍の男に懲役28年
溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」
炎上車両の男性死亡 横浜横須賀道路で正面衝突
栃木・壬生の「おもちゃ団地」でチャリティーバザール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加