18日の日本国債市場概況:債券先物は売り優勢で151円81銭で引け

18日の日本国債市場概況:債券先物は売り優勢で151円81銭で引け

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/18
No image

株式会社フィスコ

<円債市場>
長期国債先物2016年12月限
寄付151円84銭 高値151円89銭 安値151円79銭 引け151円81銭
売買高総計13044枚

2年 369回 -0.275%
5年 129回 -0.210%
10年344回 -0.055%
20年158回  0.390%

債券先物12月限は、151円84銭で取引を開始。前日末NYでの米国債の上昇を受けて、買いが先行したとみられ、151円89銭まで上昇。その後、日経平均株価の上昇幅拡大、ドル・円104円台回復(円安)を受けて、売りが優勢になり、151円79銭まで下落した。現物の取引では、2年債、5年債は買い優勢気味で、10年債、20年債は売り優勢気味になった。

<米国債概況>
2年債は0.81%、10年債は1.77%、30年債は2.52%近辺で推移。
債券利回りは横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.05%、英国債は1.12%、オーストラリア10年債は2.33%、NZ10年債は2.59%で推移。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・21:30 米・9月消費者物価指数(前年比予想:+1.5%、8月:+1.1%)
・23:00 米・10月NAHB住宅市場指数(予想:63、9月:65)
・05:00 米・8月対米証券投資収支(7月:ネット長期有価証券+1039億ドル)

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
7-9月期は前年同期比7.3%増~消費主導の高成長も、先行きは減速不可避~
これから「地価上昇」する東京エリアは? トランプ氏の影響
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
ユニクロに1年潜入取材してみた!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加