ユマ・サーマン、第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門の審査委員長に

ユマ・サーマン、第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門の審査委員長に

  • ナタリー
  • 更新日:2017/04/22

女優のユマ・サーマンが第70回カンヌ国際映画祭のある視点部門で審査委員長を務めると、映画祭の公式サイトにて発表された。

No image

ユマ・サーマン(写真提供:Marechal Aurore / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

17歳の頃に「ミッドナイト・ガール」で女優デビューし、「パルプ・フィクション」や「キル・ビル」への出演で知られるサーマン。カンヌ国際映画祭では、ロバート・デ・ニーロが審査委員長を務めた2011年のコンペティション部門で審査委員に名を連ねている。

黒沢清の「散歩する侵略者」が出品されている第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門の受賞結果は、フランス現地時間5月27日に発表される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山本美月、伊野尾慧ら #ピーチガール 原宿駅をジャック
『美女と野獣』をもう一度観たくなる! ライブオーケストラで昆夏美・山崎育三郎が生歌唱
ハリソン、“若きハン・ソロ”の映画は変な気分
4月30日の注目映画第1位は『帝一の國』
うれしいどっきり!ディズニーランドの「カリブの海賊」でジャックスパロウに扮したジョニー・デップがいきなり登場!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加