最新ランキングをチェックしよう
明豊エンター---大幅反発、18年7月期は営業利益3.2倍の見通し

明豊エンター---大幅反発、18年7月期は営業利益3.2倍の見通し

  • FISCO
  • 更新日:2017/09/15

株式会社フィスコ
大幅反発。17年7月期決算を発表している。営業利益は前期比47.2%増の6.75億円となり、従来予想(5.80億円)を上回って着地した。また、18年7月期の通期業績については営業利益が同3.2倍の21.70億円に急拡大する見通しを示しており、ポジティブ視されているようだ。賃貸アパートメントブランド「MIJAS(ミハス)」事業については、年間25棟前後(前期は15棟)の供給を計画目

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「大リストラ時代」突入!生き残る銀行員・消える銀行員の差はココだ
次世代タクシーがお目見え! それに伴い、欠かせない「アレ」もリニューアル?
海外メーカーも日本参入でブームの予感! MTBなど電動自転車9台を厳選!
割引券やクーポン、ポイントを統一化する画期的な仮想通貨「GATCOIN」
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加