オリックス、ドラフトで「阪急の遺伝子」 名古屋経大・中尾を指名へ

オリックス、ドラフトで「阪急の遺伝子」 名古屋経大・中尾を指名へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/19
No image

オリックスが20日に行われるドラフト会議で名古屋経大・中尾輝(ひかる)投手(22)を指名する方針であることが17日、分かった。

中尾はMAX151キロを誇る本格派左腕で、愛知大学野球2部リーグながら1年時から主力として登板。スライダー、シュート、チェンジアップとどの球でもストライクが取れる。阪神、西武など各球団も注目する逸材で、今季1軍で活躍したのが松葉、海田、山崎福くらいという深刻な左腕不足のチーム編成上、是が非でも獲得したいところだ。

中尾とは不思議な縁もある。名古屋経大の平林二郎監督(67)はオリックスの前身である阪急ブレーブスで内野手として14年間プレー。福良監督同様、勇者の遺伝子を引き継ぐ選手をわけっておく訳にはいかない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
注目の巨人のプロテクト 前回の人的補償から見るポイントは?
前阪神・柴田がロッテ合格 林本部長「1、2番を狙える選手」
ロッテ・田村が2240万増の5000万円でサイン
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
山口と森福が巨人入りへ! 過去FAで加入した投手陣を振り返る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加