2018年のiPhoneも3機種になるかもしれない。2つは有機ELディスプレイ、1つは液晶ディスプレイ搭載か

2018年のiPhoneも3機種になるかもしれない。2つは有機ELディスプレイ、1つは液晶ディスプレイ搭載か

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2017/11/14
No image

Image: hurricanehank/Shutterstock.com

今度は液晶ディスプレイモデルが少数派に。

今年Apple(アップル)から投入されたiPhoneは、本気モデルの「iPhone X」にアップグレードモデルの「iPhone 8/8Plus」の合計3機種と、少々変則的でした。しかし来年にはハイエンド市場を制覇すべく、新型iPhoneは6.5インチと5.8インチの有機ELディスプレイを搭載したモデルと、6.1インチ液晶ディスプレイを搭載したモデルの3機種になるかもしれません。

すべてにベゼルレスディスプレイ+Face ID搭載

今回の情報を伝えたのは、数々のApple製品の噂を的中させてきたKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏。クオ氏のレポートによると、全機種にベゼルレスの全画面ディスプレイと、顔認証機能「Face ID」に利用される「TrueDepthカメラ」が搭載されるとか。これは、今年以上に大きなラインナップの変化となりそうです。

情報によれば、5.8インチの新型iPhoneはiPhone Xと同じ1,125×2,436ドット/458ppiのディスプレイを搭載し、6.5インチの有機ELモデルは480~500ppiのディスプレイを採用。一方、5.8インチの液晶ディスプレイモデルは320~330ppiと低めの解像度となり、価格も649〜749ドル(約7万4000〜8万5000円)と廉価?になるようです。

液晶ディスプレイモデルの噂は今回が初めて

似た情報として、これまでにも5.8インチ6.4インチの有機ELディスプレイを搭載したiPhoneが登場するという情報がありました。しかし6.5インチというインチ数や、6.1インチの液晶ディスプレイモデルの存在が伝えられたのは今回が初めて。特に6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルは、「iPhone SE」の後継機種のような扱いになるのかもしれません。まぁ、それにしてはだいぶ画面が大きい気もしますが…。

またありがたいことに、新型iPhoneは遅れずに予定通りのタイミングで発売されるようです。来年はシルバーとスペースグレイ以外のカラーバリエーションも登場してくれるとうれしいですね。

Image: hurricanehank/Shutterstock.com
Source:MacRumors

(塚本直樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アップルのARヘッドセット、製品化は2020年か
Apple、2018年上半期にインド製「iPhone SE 2」を出荷予定か
Apple装う不審なメールに注意 個人情報流出の恐れ
iPhone Xのサイドボタンはホームボタンに変わる万能選手
Appleの感謝祭CMは「iPhone X」と「AirPods」が主役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加