モズカッチャンが差し切り新女王/エリザベス女王杯

モズカッチャンが差し切り新女王/エリザベス女王杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

モズカッチャン(左)がクロコスミア(奥)を首差かわしエリザベス女王杯を制した(撮影・鎌田敏晴)

<エリザベス女王杯>◇12日=京都◇G1◇芝2200メートル◇3歳上牝◇出走18頭

M・デムーロ騎乗のモズカッチャン(牝3、鮫島)が新女王の座についた。

道中は4番手で進み、直線で先に抜け出したクロコスミア(牝4、西浦)を外からとらえると、さらに外から迫るミッキークイーン(牝5、池江)を振り切った。勝ちタイムは2分14秒3。

M・デムーロ騎手は「とてもうれしい。スタートも良くて、作戦通りのポジションが取れた。道中ずっといい手応えで、直線も最後まで頑張った」と笑顔。道中で落鉄のアクシデントがあり3着に敗れた秋華賞の悔しさを晴らした。これで今年単独トップのG1・5勝目となり、オークスからG1実施機会9戦連続3着以内の新記録も打ち立てた。

2着はクロコスミア、3着はミッキークイーン。

馬連(4)(5)は8030円、馬単(5)(4)は1万5890円、3連複(4)(5)(10)は2万760円、3連単(5)(4)(10)は12万7540円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元小結旭鷲山「あの部屋の人を殴ったのが間違い」騒動は貴乃花親方の“異質さ”
ユニクロで「買ってはいけない冬モノ」ワースト5
なぜ?米国を訪れた韓国人85人が入国を拒否される=韓国ネットからは「拒否されて当然」の声
誰も知らない、全く新しい「サザエさん」爆誕
「嫌韓」でなくてもさすがに呆れる「韓国よ、そこまでやるか!?」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加