「森保塾」にU21神谷ら続々 決勝Tへ士気高める

「森保塾」にU21神谷ら続々 決勝Tへ士気高める

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

練習中、井上(左)と神谷(右)と話す森保監督(撮影・江口和貴)

中国で開催中のU-23アジア選手権に参加している東京五輪世代のU-21日本代表が14日、約1時間調整した。

前日13日にタイに1-0で勝利し、1次リーグ突破が決定。練習前には約7分間の円陣が組まれ、1次リーグ1位突破を懸けて戦う16日の北朝鮮戦に向けて士気を高めた。

練習はタイ戦での先発組と控え組で分かれて行われた。試合翌日の恒例となりつつある「森保塾」も開講。森保一監督(49)に選手個々が順に呼び出され、青空ミーティングが行われた。中盤の軸である主将のMF神谷と井上のボランチコンビや岩崎、遠藤らが直々に指揮官と話し、課題に向き合った。

一発勝負の決勝トーナメント進出が決まり、さらに経験を積めることになった。神谷は「どれだけの戦いがトーナメントでできるか、1日1日を大事にしていかないといけない」と気を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
U-19日本代表、スペイン遠征メンバーを発表。高校選手権得点王の飯島陸など
森保ジャパン3月南米遠征でパラグアイ、チリと対戦
磐田のさらなる優良助っ人? 名波監督「国内ではちょっといない」。ギレルメとは何者か
スマイルジャパンが中居正広からパワー注入「感激」
【川端暁彦のプレスバック第53回】【川端暁彦のプレスバック】森保ジャパン、3戦全勝で準々決勝へ。練達の指揮官が見せるチームマネジメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加