最新ランキングをチェックしよう
「為替」関連倒産(7月)

「為替」関連倒産(7月)

  • 東京商工リサーチ(TSR)
  • 更新日:2018/08/08

2018年7月の外国為替市況は、18日の東京外国為替市場の円相場が1月上旬以来、約半年ぶりに一時1ドル=113円台を付けるなど円安が進んだ。米国連邦準備制度理事会(FRB)が利上げに前向きな姿勢を維持するなかで、市場の関心は日米金利差に着目した動きになり、低金利の円が売られやすい状況になった。さらに、日本企業の海外展開に伴う対外投資拡大から、実需面でもドル買い・円売り需要が大きいことも影響した。そ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazonに続け。なぜ楽天と西友はネットスーパーに参入したのか?
結果にコミットできず。ライザップ赤字70億円という「約束破り」
日本株、個人投資家が「一番儲かる時代」になる3つの理由
ペーパレスではじめる働き方改革 第8回 RPAとペーパレス化の推進による真の業務自動化
中国ショックから一転! コーセーが「大復活」する2つの意外な理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加