北海道電力とINDETAIL、EVスタンドのプラットフォーム構築に向けて共同研究実施へ【フィスコ・ビットコインニュース】

北海道電力とINDETAIL、EVスタンドのプラットフォーム構築に向けて共同研究実施へ【フィスコ・ビットコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2019/06/07
No image

株式会社フィスコ

北海道を地盤とする電力会社の北海道電力<9509>と、先進技術を駆使した新規事業の創出を手がけるINDETAILは6日、ブロックチェーン技術を活用したEVスタンドのプラットフォーム構築に関する共同研究を実施すると発表した。

両社は、今後の電気自動車(EV)などの普及拡大に伴い、EV等の充電設備が重要なインフラになることが想定されるとして、今回の共同研究に至ったとしている。

同研究では、IoT(モノのインターネット化)技術とブロックチェーン技術の活用により、各地に点在する様々な仕様のEVスタンドをインターネットでつなぎ、EVスタンドのオーナーやユーザーの利便性向上を図るプラットフォームの構築を目指しているという。

同プラットフォームにより、EVスタンドのオーナーはインターネット上で自動決済処理やEVスタンドの稼働状況の確認、料金設定などが行えるほか、ユーザーはスマートフォンなどからEVスタンドの設置場所や空き状況の確認、予約等が可能になるとしている。また、将来的には、ユーザー自らが自宅の充電用コンセントをEVスタンドとして提供することも可能になると想定しているという。

北海道電力は、北海道内におけるEVスタンドの現状分析、プラットフォームの実現に向けた課題確認や要件整理を行い、INDETAILは、ブロックチェーン技術によるプラットフォームのシステム設計、評価環境のシステム構築、非中央集権ネットワーク実現のためのコンサルティングを行うとみられている。

2019年度は、プラットフォームのシステム設計、オンライン上での仮想シミュレーション等を行い、2020年度以降に実証実験への展開を予定しているようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで90%以上オフも! 3,000円台の多機能冷風機や1,000円台の強力つっぱり棒がお買い得に
最近、クルマのタイヤの“ある変化”に気づいてますか?
モバイル版『Dead by Daylight』デモプレイ&開発陣インタビュー!『Identity V(第五人格)』との違いや今後の展開は?
「プロテイン入りのTシャツ」をザ・ノース・フェイスが限定発売へ
きわめて危険、しかも違法な携帯の充電方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加