「北斗星」に再び会える! 「トレインホステル北斗星」が馬喰町に誕生

「北斗星」に再び会える! 「トレインホステル北斗星」が馬喰町に誕生

  • ねとらぼ
  • 更新日:2016/12/01
No image

惜しまれつつ引退していった24系寝台車。中でも北海道に乗り入れていたトワイライトエクスプレスと北斗星に思うところがある人は多いと思う。これらの車両は順次廃車作業が行われており、この世から姿を消すのも時間の問題だろう。

そんなときに、北斗星で使われていた24系車両の寝台部や食堂車のテーブルなどをビル内に移築し、ホテルとして使われるというニュースが舞い込んできた。これは一つ行ってみないといけないでしょう、ということで報道向けの内覧会が行われた2016年12月1日、馬喰町にできた「トレインホステル北斗星」を訪ねてみた。

ホテルに入ると受付からして寝台車の雰囲気満点。時刻表示は往年の反転フラップ式案内表示器(パタパタいうやつ)というより、さらにさかのぼった、手差しで表示を変えていた時のよう。ホテルは7階建てで、1階は受付、7階はオフィス、6階はシャワールームとランドリーとなっているほかは、全てゲストルームとなっている。では、6階から順に降りていってみよう。

「トレインホステル北斗星」外観

No image

受付も寝台車っぽい演出が

6階:男女別に分かれたシャワールームは清潔感あふれる作り

6階のエレベーターを降りてすぐにコインランドリーが2台置かれている。それを過ぎるとシャワールームとなる。男女別に分かれており、男性用、女性用それぞれ5室設けられている。洗面台は5台で、隣り合わせで使うためなのか、間隔を開けて3台のドライヤーが設置されていた。

シャワールームの作りはオーソドックスな感じ。北斗星のシャワールームのような時間制限はなさそうだ。

No image

コインランドリーが2台置かれている

No image

シャワールームはよくある作りのもの

No image

洗面所は5台でドライヤーは3台

No image

6階のトイレ

5階:女性専用のゲストルーム

続いて5階に降りてみよう。ここは女性専用のゲストルームだ。入り口の扉には「オロハネ24 554」と「オロネ25 504」の銘板が取り付けられている。階数表記も、号車番号を示すのと同じサイネージとなっている。ここに宿泊できるのは上下段合わせて23人(うち半個室1人)だ。

入ってすぐ正面は半個室のスペース。A寝台で使われていたソファベッドが取り付けられているほか、頭の上にある照明などは、寝台車に取り付けられていたものが配置されている。2段ベッド全体はB寝台のベッドが備え付けられているが、入り口に一番近いところにある寝台はA寝台のものとなっていた。値段は変わらないようなので、ちょっとお得感があるかも。

No image

24系の銘板と階数表示

No image

5階の部屋割り。だいたいほかのフロアも似たような感じ

No image

一部屋ある半個室。A寝台で使われていたベッド、テーブル、ライトなどが備え付けられている

No image

一般的な開放B寝台のスペース。ハシゴからライトから当時そのまま

No image

通路をずらっと見渡すとこんな感じ

No image

この寝台はA寝台のもの、ですよねぇ。これに泊まれるとなんとなく優越感

No image

お約束のベンチですが、本来は車両の壁側に設置されているものですね

4階:男女混合の宿泊スペース

続いて4階へ移る。基本的な構造は5階と変わらないが、ここには個室はなく、全て開放寝台となっている。ちなみに、B寝台に当たる普通のベッドは、寝やすいように、使われていた当時よりも10センチほど幅を広くしてあるそうだ。

No image

エレベーターを降りた右にはロッカーを用意(各階とも)

No image

昔なじみのB寝台。赤を基調とする女性専用の階とは異なり、こちらはブルー

No image

懐かしい手元ランプ

No image

寝台には番号が付けられているが、これは雰囲気を合わせて作ったもの。元の寝台車にはない

3階:男女混合の個室を用意

3階に入って正面には、男女混合の半個室スペースが用意されている。こちらも、A寝台で使われていた机とベッドが移築されている。

No image

ベッドと机はA寝台で使われていたもの。ライトもその当時そのままだ

No image

宿泊時には布団と掛け布団が用意されるので、寝心地は良さそう

2階:ラウンジと共用キッチンも

2階には宿泊スペースのほか、ものを食べたりできるラウンジスペースと、ちょっとしたものなら調理ができる共用キッチンが置かれている。

No image

入り口には食堂車に貼られていた「グランシャリオ」の銘板が

No image

テーブルや椅子、ランプは実際に使われていた物を再利用

No image

共用キッチン

No image

天井のランプも食堂車の雰囲気を残す

No image

ちなみに、階段スペースにはJR東日本の宣材ポスターが貼られているが、北斗星が好きだった人たちのメッセージで埋め尽くす予定もあるとか

No image

2階の宿泊スペース。10人がひとまとまりに泊まれるので、友人などと一緒に使ってもよいのかも

いかがだっただろうか。JR東日本企画の持ちビルをリフォームすることになったときに、たまたま北斗星の寝台車が解体されるという話があり、これを使ってホテルにしてはどうかとなり、プロジェクト自体は2015年12月からスタートしたのだという。宿泊費も2500円から4000円ととてもリーズナブルなので、終電を逃してしまったときや、寝台車の雰囲気にもう一度浸りたい場合など、泊まりに来てもよいだろう。

No image

オマケ。私が札幌→上野間を乗ったときの北斗星

No image

その時泊まった個室A寝台

No image

グランシャリオにて。おいしゅうございました

(今藤弘一)

関連キーワード

ホテル | JRグループ | 東日本 | 表示器 | 再利用

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
週に4回はしたほうがいい...!? 「エッチのすごいメリット」4つ
ご利益にあやかろう。生まれた時からボーボーの毛のすごいベイビー(イギリス)
流行語「保育園落ちた日本死ね」に、つるの剛士が正論!賛同の声が数多く寄せられる
「出世する男」が飲み会で必ずしていること6つ
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加