勝利知って泣き崩れた実践学園MF浦寛人、一発退場後は「ずっと祈っていました」

勝利知って泣き崩れた実践学園MF浦寛人、一発退場後は「ずっと祈っていました」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/11/13
No image

[11.11 選手権東京都Bブロック予選決勝 國學院久我山高 0-1(延長) 実践学園高 駒沢]

泣きながら自分自身を責め、一心に勝利を祈った。スコアレスで迎えた後半31分、MF浦寛人(3年)のスライディングで足裏が見えたか、危険なプレーとみなした主審はレッドカードを提示。痛恨の一発退場。実践学園高は残り時間を10人で戦うことになった。チームへの申し訳なさ、罪悪感に苛まれた浦は泣きじゃくった。

「自分がレッドカードを一発でもらって、10対11になってチームに迷惑をかけてしまった。レッドカードをもらってからはほとんど試合を見られなかった。ロッカールームでずっと祈っていました」

延長後半アディショナルタイムのCKも見ることができず、「祈っているだけだった」。沸き起こった応援団の歓声でゴールを知り、寄り添ってくれたサポートメンバーに勝利を知らされると、その場に泣き崩れた。「自分が救われたとかどうこうより、チームが勝ってくれてよかったっていう思いで、涙がこみ上げてきました」。

安堵の涙を流したあとは表彰式へ。チームメイトに温かく迎え入れられ、今度は嬉し泣き。残った10人が“浦のために”と団結して戦い抜いたことも伝え聞いた。「自分は迷惑をかけたので言える立場ではないけど、退場後にみんなが一丸となってくれたことはうれしい」。自らを責め、勝利だけを祈った約30分間。退場になったことはもう悲観せず、顔を上げて進んでいく。

2年生だった昨年からトップチームに上がった主力ボランチ。選手権は初戦が出場停止となるため、深町公一監督は「バランスが取れるクレバーな選手。浦が出られないのは痛い」と痛恨の表情。浦は後ろを振り向かず、「(初戦は)この時点で応援が確定しているので、必ずみんなに勝ってもらえるように全力でサポートをしたい」と意気込むと、「できればまたみんなと一緒に全国の舞台でプレーがしたい」と笑顔で話した。頼もしい仲間を信じ、出番を待つ。

(取材・文 佐藤亜希子)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2017

★日テレジータスで「高校選手権」地区大会決勝を全試合放送!11/20(月)14時~運命の「抽選会」を生中継!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[MOM2336]市立船橋DF杉山弾斗(3年)_主将の一振りが反撃の合図! 最後は足がつるまで走り切る
平野歩夢が米遠征、W杯優勝見据え「自分の滑りを」
手越祐也に称賛、本田圭佑へ「真剣インタビュー」
強豪国に勝つために、日本が目指すべきスタイル。「風間理論」で今こそ考えたいポゼッション
識者が選ぶEAFF E-1サッカー選手権を戦う日本代表23人/土屋雅史
  • このエントリーをはてなブックマークに追加