全豪OPに影響も―けがと病気を抱える選手たち

全豪OPに影響も―けがと病気を抱える選手たち

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/14
No image

椅子の上に置かれた全豪オープンテニスのロゴが入ったボール(2018年1月14日撮影)。

【AFP=時事】全豪オープンテニスは、15日に開幕を迎える。しかし、異常なほど長い負傷者や病気中の選手のリストは大会に影響を与える可能性もあり、すでにアンディ・マレー(英国)や錦織圭は大会欠場を表明している。

今季初の四大大会(グランドスラム)を前に、どの選手が何に苦しんでいるのかをAFPがまとめた。

■男子選手

■ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

全豪で6度の優勝を誇るジョコビッチは、昨年のウィンブルドン選手権で右手首を負傷し、戦列を離れた。まだ100パーセントの状態ではないながら、プレーはできるレベルにあるとしている。先週にはエキシビション大会のクーヨン・クラシックに出場した。

■ラファエル・ナダル(スペイン)

世界ランク1位のナダルは、ブリスベン国際を膝のけがで欠場。しかしながら13日には激しいトレーニングを行った後、「気分は上々」と語っていた。

■スタン・ワウリンカ(スイス)

2014年大会王者のワウリンカは、膝軟骨関節の2度の手術から復帰。陣営とともに全豪出場の判断を下したのは13日だった。膝の状態は十分に持ちこたえられる状態としながらも、痛みを感じるとも話している。

■ミロス・ラオニッチ(カナダ)

ふくらはぎと手首のけがでラオニッチは昨年10月から戦線離脱。ブリスベン国際に出場したものの、ワイルドカード(主催者推薦)の選手に敗れた。

■ニック・キリオス(オーストラリア)

ブリスベン国際では脚にテーピングが施されていた。曰く、左膝の裏に水がたまっているという。それでも母国の大きな期待を背負うキリオスは問題ないようで、同大会で優勝を飾った。

■ジャック・ソック(米国)

男女混合国別対抗戦の第30回ホップマンカップを臀部(でんぶ)の負傷で棄権したソックは、2日後に復帰したが、フェデラーに敗れた。

■ドミニク・ティエム(オーストリア)

世界ランク5位のティエムは、カタール・エクソンモービル・オープン準決勝の直前にウイルス感染と熱で棄権。その後、クーヨン・クラシックでも同様の症状で棄権した。

■ジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス)

2008年大会準優勝のツォンガは、手首の負傷でカタール・オープン開幕を前に棄権した。

■女子選手

■ガルビネ・ムグルサ(スペイン)

世界ランク3位のムグルサは、激しい脚のけいれんでブリスベン国際を棄権。さらに太ももの負傷でシドニー国際を欠場したが、治療の経過は良好としている。

■スローン・スティーブンズ(米国)

全米オープンテニスを制したスティーブンズは、問題を抱える膝を休めるためにブリスベン国際を欠場し、シドニー国際では初戦敗退となった。しかし、現在の膝の状態は「大丈夫」だという。

■ジョアンナ・コンタ(英国)

ブリスベン国際初戦を背中の負傷のために涙ながらに棄権。動くのもやっとの状態と口にしていた。

■ペトラ・クビトバ(チェコ)

ウィンブルドンを2度制しているクビトバはウイルス性疾患でブリスベン国際を辞退し、シドニー国際では2回戦で敗退した。クビトバは自宅で刃物を持った人物に襲われ、昨年大会を欠場している。

■ユリア・ゲルゲス(ドイツ)

世界12位のゲルゲスはASBクラシックでキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を下して優勝を飾った直後、右膝の負傷を理由にシドニー国際の出場を辞退した。

■ユージェニー・ブシャール(カナダ)

ホップマンカップで3戦全敗し、ホバート国際の1回戦で敗れたブシャールは、パースで負傷した臀部の状態は現在は良好と話している。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大坂 猛暑「燃えるような暑さ」
水谷隼、張本のジュニア最年少Vに納得「一般でも優勝する実力ある」
番狂わせ ゴファン2回戦敗退
平野美宇 「情熱大陸」出演熱望も残念「“20歳からしか出られないんですよ”と言われた」
大坂なおみ、全豪2年ぶり3回戦進出「ハッピー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加