白鵬 九州北部豪雨被災地慰問、初代梅ケ谷の生誕地で土俵入り

白鵬 九州北部豪雨被災地慰問、初代梅ケ谷の生誕地で土俵入り

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

◇大相撲冬巡業

No image

幕内力士らが朝倉市の多目的施設「サンライズ杷木」で、九州北部豪雨の犠牲者の冥福を祈って黙とうを捧げた(左から玉鷲、琴奨菊、嘉風、白鵬)

大相撲の横綱・白鵬(32=宮城野部屋)や九州出身の幕内力士らが5日、7月の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市の杷木(はき)地区を慰問した。

多目的施設で犠牲者の冥福を祈り黙とうをささげた後で、白鵬は明治の名横綱・初代梅ケ谷の生誕地でもある同市で土俵入りを披露。木製のステージ上だったため「壊れないように優しくした」と気を使いながら四股を踏んだ。

冬巡業は6日、福岡県直方市で再開される。関係者によると、周辺を含めた冬巡業各地での過熱報道が問題視されており、取材エリアが規制される可能性が浮上している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの錦糸町飲み会で......大手メディアがひた隠す“貴ノ岩暴行事件”の「核心部分」
貴乃花親方の“禁欲主義”でガラリと変わった地方巡業 白鵬らは辟易
「角界を取りもどす」と貴乃花親方が逆襲へ 日馬富士の書類送検も「貴ノ岩が悪者にされた」
やく氏、八角理事長は貴乃花親方に「強権的なことをおっしゃってもいい」
やくみつる「白鵬に一番非がある気がする」発言の深意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加