あと28年でメッシを超えるサッカーロボット誕生?

あと28年でメッシを超えるサッカーロボット誕生?

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

バルセロナFWメッシ

2045年までに、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)を実力で上回る“サッカーロボット”が開発されると、AI(人工知能)の専門家が断言した。

英デーリースター電子版は、人工知能の技術者で未来学者のイアン・ピアソン氏をインタビュー。同氏は「あとたったの28年で、人間よりも速く走り、上手にドリブルし、強烈なシュートを打ち、もっと正確にパスを出すことのできるロボットが誕生する。メッシより上かって? ロボットたちはメッシよりはるかに上手だろうね」と予言した。

ピアソン氏は「どのスポーツでも、ロボットの方が重いものを持ち上げ、高くジャンプし、速く走ることができるようになる。サッカーなら、素早く切り返し、強いシュートを打てるようになる」と説明。

また「ロボットであれば1台に技術を仕込めば、ロボット同士のコミュニケーションにより、すべてのもので同じことができるようになる」と、利点を強調した。

人間は言葉でしかコミュニケーションをとることができないが、ロボットは他のロボットと電気信号でやりとりをするので、まったく同じ技術がすべてのものに伝達できるという。

ただピアソン氏はロボットが人間に混じってプレミアリーグなどでプレーする可能性は低いと見ている。なぜなら「ロボットたちは美しい競技であるサッカーを、死ぬほど退屈なものに変えてしまうからだ」。

ロボットたちの正確無比なパス能力は試合から予測不能なプレーを奪い、ファンはもう1度スタジアムに足を運ぼうという気にはならないという。ピアソン氏は「ロボットが200マイル(約322キロ)で走り回り、シュートを決め続けるのは、見ていて面白いものではない」と話した。

サッカーの魅力は、どんなことでも起こり得る予測不可能な部分。そして「そんなプレーがあるなんて」とファンを驚かせる創造性。それらをロボットに求めるのは容易ではないのだろう。

【千葉修宏】(ニッカンスポーツ・コム/サッカーコラム「海外サッカーよもやま話」)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元イングランド代表MFの息子が“70ヤード弾” 衝撃の一撃に称賛「ベッカムを再現した」
ユベントス、遅すぎた目覚め。伏兵に敗れて今季2敗目。首位ナポリと勝ち点4差に
香川真司、ブンデスMF部門で堂々7位 人気ゲーム「FIFA18」の能力値で高評価
W杯ショックのブッフォンは出場せず...ユーベはサンプドリアに3発食らい、まさかの今季2敗目
伊藤達哉、無念の前半途中交代...。酒井高徳は69分まで。HSV、好調シャルケに敗戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加