【CES 2018】中距離ワイヤレス充電が可能なバッテリー

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/01/15
No image

CES 2018で見た興味深い技術のひとつが、中距離ワイヤレス充電によって繰り返し利用できるバッテリーです。

電池をワイヤレスに充電

米Ossiaが紹介していた「Cota」は中距離ワイヤレス充電技術で、トランスミッターとレシーバーで構成されています。まずトランシーバーからトランスミッターに無線信号を送ってその位置を知らせると、トランスミッターがレシーバー側に電波を送り、レシーバーがそれを電気に変換して充電するという仕組みです。

Ossiaによれば、電波は人体などは通過しないため安全で、壁や家具に跳ね返ってレシーバーに届きます。充電可能なのは1つのデバイスにかぎらず、レシーバーを搭載した複数のデバイスを同時に充電することができます。

また同社はレシーバーを巻きつけたバッテリーも開発しています。このバッテリーはワイヤレスに充電ができるため、取り出すことなく何度でも繰り返し利用可能です。

No image

エネルギー効率とコストが最大の課題

このように書くと、非常に理想的な技術に思えます。しかしブースで受けた説明によれば、トランスミッターの消費電力が120Wであるのに、充電対象となるデバイスは1m離れているとたった2W、5m離れると100mWしか充電できません。つまりエネルギー効率が非常に悪いのです。

トランスミッターの数を増やせば充電効率が上がりますが、同社によれば、量産された場合でも1枚あたり数百ドルはかかります。

コストがあまり問題にならない、あるいは消費電力の小さいものを充電する場合には有効ですが、ワイヤレス技術に詳しい人物によれば「タブレットやスマートフォンを充電するには不十分」とのことです。

AppleがiPhone8/8 Plus/Xで、一時噂になった中距離ワイヤレス充電技術ではなく「Qi(チー)」を採用したのも、当然のことなのかも知れません。

(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Gmailの受信トレイを整理! 知ると便利な2つのテクニック
超人気アダルトサイトが2017年をまとめた統計レポートを公開、日本人ユーザーのフェチも明らかに
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 900円台のPCバッグや折りたたみチェアがお買い得に
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
【!?】ダイソー200円イヤホン、ひと手間で「3万円クラスと戦えるようになる」説が話題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加