ヒトラーの生家取り壊しへ...信奉者らの聖地化を防止

ヒトラーの生家取り壊しへ...信奉者らの聖地化を防止

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

ナチス・ドイツの独裁者、ヒトラーの生家が取り壊されることになりました。

オーストリア政府は17日、北部のブラウナウに残るナチスのアドルフ・ヒトラー総統の生家を取り壊す方針を明らかにしました。専門家委員会の勧告に基づいた決定で、ネオ・ナチなどヒトラー信奉者の「聖地」になることを避けることが目的だということです。取り壊しで歴史と向き合う機会が失われるとの意見もありましたが、専門家委員会は、そのまま残した場合、「歴史を否定しようとしている」と解釈される恐れがあるとして、建物の保存に反対しました。跡地には、全く関係のない公的機関が入る建物が建設されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
15人の兵士が女性を輪姦...日本人だけが知らない南スーダンの惨状
「人類はかつてないほど危険な時期を迎えている」とホーキング博士が警告
中絶手術後に妻死亡 夫が記者会見
超音速旅行時代の到来。東京・サンフランシスコを4.7時間で結ぶ超音速旅客機が公開される
トランプ政権誕生で潮目の変わった北方領土
  • このエントリーをはてなブックマークに追加