逮捕の元秘書 事件後被害者に面会迫る手紙送る

逮捕の元秘書 事件後被害者に面会迫る手紙送る

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/11/10
No image

動画を見る(元記事へ)

8年前に京都市で現金1億円が奪われた強盗事件で、逮捕された元国会議員秘書の男らが事件後に、被害者に面会を迫る手紙を送り付けていたことが分かりました。

国会議員の元公設秘書・上倉崇敬容疑者(44)ら2人は2010年9月、京都市左京区の不動産会社社長の家に押し入って社長の妻(当時52)にけがをさせ、現金1億円を奪った疑いで9日に送検されました。捜査関係者によりますと、事件から6年後、2人が社長の妻の転居先を突き止めようと簡易書留の手紙を複数回、送り付けていたことが新たに分かりました。手紙は妻との面会を迫るもので、「私がお会いできないとなると、今後どのような行動を取るかいささか不安」などと脅す内容が書かれていたということです。妻から相談を受けた警察が捜査を進め、今回の逮捕につながりました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
胸を圧迫して気絶させる「失神ゲーム」 倒れる女子生徒と笑い声...動画拡散で中学生を補導
舞鶴市議選は定数26に34人立候補、18日投票
線路に突き落とし 女性けが、殺人未遂容疑で男逮捕
17日の地震情報まとめ 有感地震は3回
日韓の拉致被害者家族ら、政府に問題解決で協力訴える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加