「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」撮影監督の撮影プランにエマ・ストーン衝撃!

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」撮影監督の撮影プランにエマ・ストーン衝撃!

  • 映画.com
  • 更新日:2018/06/14
No image

35ミリフィルムを使用 (C)2018 Twentieth Century Fox

ラ・ラ・ランド」のオスカー女優エマ・ストーンと「30年後の同窓会」が公開中のスティーブ・カレルが実在のテニス選手を演じた映画「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」の特別映像が、公開された。

リトル・ミス・サンシャイン」「ルビー・スパークス」を手がけたバレリー・ファリスジョナサン・デイトン監督コンビがメガホンをとった今作。1973年に世界的な注目を集めた「テニスの男女対抗試合」を題材に、29歳・現役世界チャンピオンの女性テニス選手ビリー・ジーン・キング(ストーン)と、元チャンピオンである55歳の男性選手ボビー・リッグス(カレル)の対決を描く。

映像では、当時の空気感を再現するべく製作陣が用いた手法が明かされる。デイトン監督は「撮影には35ミリフィルムを使い、1973年当時の映像に見えるように作った」、「ラ・ラ・ランド」も手がけたリヌス・サンドグレン撮影監督は、「1970年代の映像に見せることに、監督の2人はこだわっていた。物語を支えるための工夫としては、1970年代以降のビンテージ分析を参考にしたよ。そして、女性は未来志向、男性は過去志向と決めて、登場人物の顔の向きでそれを表現した。女性は未来を示す右を向き、男性は左を向いている」と明かす。サンドグレンによれば、「エマ(・ストーン)目線の映像は本人が撮った」とのことだ。

また、ストーンがカメラを持ち、撮影を行っている姿も収められている。ストーンは、「1970年代を描いた他の映画とは、映像がまるで違う。興味深かったわ。ピンクと青と赤があふれていて、全くの別世界なの。1970年代そのものよ。すばらしい映像だわ」と興奮気味に語っている。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は、7月6日から全国で順次公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
知英が殺し屋演じる日米合作映画「殺る女」公開、武田梨奈やニコラス・ペタスも出演
スヌーピーのアート展を銀座三越で開催!テーマは「めでたい三昧!」
『マンマ・ミーア!』 最新作のエモすぎるダンスシーンが一足先に日本上陸!
大傑作『万引き家族』、松岡茉優の谷間に見とれる祥太に男の成長を見た!
緊縛SMで性奴隷が開花...早大、農大、クォーターの才媛3人が「第2の壇蜜」を賭けて艶技バトル【写真12枚】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加