これが未来のビジネスツール!? ARKitでチャット先のVR世界をモバイル端末で見られる「Mimesys」

これが未来のビジネスツール!? ARKitでチャット先のVR世界をモバイル端末で見られる「Mimesys」

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2017/09/15
No image

Image:Mimesys/YouTube

ARでVRを見るのです。

今のところ、VRはヘッドセット越しに見るお一人様の世界で、誰かと共有するといっても横に繋いだモニターをボケーっと眺めるだけですよね。

もっとVR世界をダイレクトに共有する方法はないのか? それを可能にするのが、プラットフォームを繋ぐソフトウェア「Mimesys(ミミシス)」。これはVRヘッドセットをつけた通話相手のVR世界を、Apple ARKitを利用して自分のモバイル端末にAR映像として映し出す技術なのです。

ではRoad to VRより、Mimesysのデモ映像をご覧ください。

もうおわかりかと思いますが、スカイプやFaceTimeとは一線を画します。VRヘッドセットをつけた通話相手がグラフィカルな説明を行ない、AR側はそれをリアルタイムで見ることで、同時に打ち合わせができるビジネス・ツールになるわけです。

同じくMimesysより、違うタイプのホログラフィック・ミーテイングをしている様子をご覧ください。

業種にもよるかもしれませんが、出先で添付資料を見ながら同時に通話をするのが難しい場合って、結構あるあるだと思います。ですがこれなら、もっと視覚化されたデータをインタラクティヴに最大限利用することができようになります。

ちなみにVRヘッドセットをしないほうの通話者は、相手のVR世界では宙に浮かんだタブレットがアバターになるのだとか。

この技術は、ARKitをもっと身近で使えるものにしてくれそうです。皆さんなら、どういうシーンで使いたいでしょうか?

Image:YouTube
Source: YouTube(1,2),MIMESYSviaRoad to VR

岡本玄介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いざという時に使えないAEDをなくせ!人の命をIoTで救う努力が始まった
宿泊予約サイト「Booking.com」はユーザーを操っているとする指摘
選んだ音楽からいまの気分をわかってくれるAIつきスピーカー / デザインの美しさにも注目
ソニーやパナソニックが「スマートスピーカー」の開発に注力する理由
アジア最大の科学・分析機器の展示会「JASIS 2017(第6回)」レポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加