バルセロナが国王杯8強入り、コウチーニョの前で5発快勝

バルセロナが国王杯8強入り、コウチーニョの前で5発快勝

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/12
No image

サッカースペイン国王杯、5回戦第2戦、FCバルセロナ対セルタ。得点を挙げ、ジョルディ・アルバ(左)と喜ぶFCバルセロナのリオネル・メッシ(2018年1月11日撮影)。

【AFP=時事】スペイン国王杯は11日、5回戦の第2戦が行われ、FCバルセロナは5-0でセルタを下し、2戦合計スコアを6-1として準々決勝進出を決めた。

この一戦では、フィリペ・コウチーニョ・コレイアが1億6000万ユーロ(約213億円)の移籍金で加入してからは初めてカンプ・ノウのスタンドから試合を観戦。メッシの見事なプレーなど、コウチーニョがピッチ上で披露された上質なプレーを味わうのに長い時間がかかることはなかった。

第1戦を1-1で終えていた大会3連覇中のバルサは、4-0とリードを奪ってハーフタイムを迎え、エルネスト・バルベルデ監督も試合後には「前半は並外れていた」と振り返った。

メッシは前半13分と同15分に、ともにジョルディ・アルバのアシストからダイレクトでシュートを放ち、チームに2点のリードをもたらした。

するとメッシは今度はアシスト側に回り、アルバの得点をお膳立て。さらにルイス・スアレスが相手ディフェンスの裏をつき、バルサは31分間で4点を手にした。

後半は小康状態となった試合だったが、終了間際にバルサはウスマン・デンベレのCKからイヴァン・ラキティッチがチーム5点目を挙げた。

アルバは試合後、「レオ(メッシ)がチームにいるのはぜいたくなこと。史上最高の選手だ。僕らは得点を狙って常に互いを見合っている。今日は2回できたね」と振り返った。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ジョーの名古屋移籍の真実」。移籍金は当初報じられた15億円ではなく...
「陸王」モデル“伝説の靴職人” 記者会見で職人魂 箱根往路Vシューズに異議
負けて審判のせいにばかりする中国サッカーU−23代表に、人民日報がついにキレた!
メッシ、“宇宙クラス”の圧巻FKに地元紙脱帽 「成層圏を破壊し、世界を驚嘆させた」
本田圭佑がツイート「知らなけりゃ学べばいい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加