最新ランキングをチェックしよう
“演歌の女王”八代亜紀の原点は意外にも“ジャズ”にあった

“演歌の女王”八代亜紀の原点は意外にも“ジャズ”にあった

  • 文春オンライン
  • 更新日:2017/10/13

ほとんどの人が、八代亜紀さんがジャズ!? と思うかも知れない。だが、実は5年ぶり、2枚目のジャズアルバムだ。「舟唄」や「愛の終着駅」などで広く知られ、「演歌の女王」とまで呼ばれるが、意外にもその原点はジャズにあるという。
「12歳の時、父がジュリー・ロンドンのアルバムを買って来てくれたのがジャズとの出会いでした。ボサノヴァのリズムが衝撃的で、軽やかで実に心地よかったんです」

 

 自身の特徴的

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乃木坂46西野七瀬×野村周平W主演「電影少女」主題歌発表
「ちはやふる」Perfumeと2年ぶり再タッグ決定 広瀬すず「一気に涙が出てきた」<コメント>
堂本剛、突発性難聴と闘いKinKiオーケストラ公演「20周年ここに2人で立ちたかった」
新「テラハ」メンバー発表! OPはテイラー・スウィフトに
ショーン・メンデス、初の単独来日公演前日に赤裸々トーク!「もらった指輪を今でも大切にしているんだ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加