福山雅治「すべてに緊張し、刺激を受けました」細田守監督最新作で声優出演!

福山雅治「すべてに緊張し、刺激を受けました」細田守監督最新作で声優出演!

  • ザテレビジョン
  • 更新日:2018/05/09
No image

福山雅治は細田守監督作品への参加を喜んだ

福山雅治が、7月20日(金)公開の映画「未来のミライ」で声優を務めることが分かった。同映画は「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などの大ヒット作で知られる映画監督・細田守の最新作となる。

【写真を見る】どことなく似ているという声も!? 福山雅治が声を担当する青年のビジュアル

今回、福山は主人公・くんちゃんが時を越えた旅先で出会う物語のキーパーソンとなる青年の声を担当。予告編で、くんちゃんを馬やバイクに乗せ、さっそうと走る姿が話題となっていた人物だ。

以前から親交があったという福山と細田だが、作品でタッグを組むとなるのはこれが初めて。

細田は、2017年からこの青年役のオーディションを行っていたそうだが、なかなかキャスティングが決まらなかったという。

しかし、福山と再会したことで、ずっと探していた青年のイメージと福山の人間性が重なることに気付いたそう。

細田からこの人物、そして作品への思いを聞き、本作のテーマ性と新しいチャレンジに共感を抱いたという福山は「収録前に、まだ絵も音も完成してない映像資料を観させていただきましたが、その段階ですでに、心引き込まれ感動出来るこの作品が持つ力に驚きました。

歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました。

僕が年齢を重ねたことで忘れてしまっていた子供ならではの繊細な感受性を、丁寧に、かつ高度なアニメーション技術で表現されている今作品の完成を、これまで通り細田監督のいちファンとして心待ちにしています」とコメント。

本作は、主人公である4歳の男の子・くんちゃんが、未来からやってきた妹・ミライちゃんと共に不思議な冒険へと繰り出すファンタジー。

すでに、86の国と地域での配給が決定しており、第71回カンヌ国際映画祭開催期間中に実施される「監督週間」に選出、そして正式上映されることも発表されている。

さらに、アヌシー国際アニメーション映画祭2018長編部門コンペティションにも選出されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オビ=ワン・ケノービを主役にした『スター・ウォーズ』のスピンオフ映画が現実に!? エピソード4の前日章になるらしいぞ!
千眼美子が「UFO学園の秘密」続編アニメに参加、逢坂良太ら主要キャスト続投
「美形」と話題の11歳・城桧吏も出演!「万引き家族」がカンヌ最高賞・パルムドール受賞
実写プーさん映画、ポスター公開!身長差...
美人農大生が全裸の家畜に堕落...性の玩具に調教された女の末路とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加