三原舞依 今季初戦でノーミス首位発進に笑顔「いいスタートが切れた」

三原舞依 今季初戦でノーミス首位発進に笑顔「いいスタートが切れた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

フィギュアスケート女子で平昌五輪出場を目指す三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)が12日に滋賀県立アイスアリーナで行われた、げんさんサマーカップで今季初戦に臨んだ。

No image

今季初戦に臨んだ三原は好演技を披露し、笑顔で取材に応じる

ショートプログラム(SP)の「リベルタンゴ」を情熱的に舞い、68・44点で首位発進。ルッツ-トーループの連続3回転、ダブルアクセル、3回転フリップとジャンプは全て着氷した。「すっごい緊張した。思ったより高得点で嬉しかったけど、中野先生に“あと2点足りないね”と言われた。初戦でノーミスができて、いいスタートが切れた」と笑みを浮かべた。

坂本花織(17=神戸FSC)は先週のアジアントロフィーで滑った「死の舞踏」から「月光」にプログラムを変更。演技後半に3つのジャンプを跳ぶ構成も、2度の転倒があって54・68点で5位。「練習期間は短かったけど、どれだけできるか試しにやった。滑り込めばもっと伸びる」と話していた。

フリーは13日に行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生、五輪へ勝負曲『陰陽師』復活!「もちろん連覇」/フィギュア
浅田真央、アイスショーで初見せした美バストが姉・舞を脅かしかねない!
羽生結弦が新シーズン前にコーチを解任
羽生オッサンでも現役!?スケート教室で子どもたちに宣言「いつか一緒に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加