江戸時代創業「今里酒造」の、どっしりと構えた「六十餘洲 純米吟醸 山田錦」

江戸時代創業「今里酒造」の、どっしりと構えた「六十餘洲 純米吟醸 山田錦」

  • ippin
  • 更新日:2016/11/30
No image

Byフードジャーナリスト はんつ遠藤

長崎で江戸時代から続く蔵元は、国指定有形文化財

No image

日本酒好きとしては、全都道府県の純米酒を飲んでみたいと思う今日この頃。しかも、江戸時代から続く蔵元の作品と聞くと、それだけでワクワクしてきます。東京ではあまり知られていないかもしれませんが、長崎にも歴史ある蔵元があります。そのうちの1軒が、今里酒造株式会社。創業は1772年(安永元年)ごろというから江戸時代後期ですね。長崎県の北東部佐賀県境に位置する東彼杵郡波佐見町は周囲を山に囲まれた静かな盆地。その波佐見町に残るただ一社の醸造会社です。建物が凄い。増築を繰り返して現在は十数棟からなる醸造建物群を形成しています。しかも、その内6棟の建物が国の登録有形文化財に登録されています。銘柄は昭和9年に誕生した「六十餘洲」という日本酒。以前日本には60余りの国々があったことから、日本全国という意味合い。日本中の皆様に飲んでいただきたいという想いをこめて名付けられたそう。純米大吟醸、大吟醸、純米吟醸、吟醸、純米酒、特別純米酒、本醸造、本醸造生貯蔵酒、そして季節限定の、にごり酒。

山田錦100%、精米50%なのにお得な価格設定

No image

このうち僕が特にオススメするのが「六十餘洲 純米吟醸 山田錦」。全体的に長崎のお酒は、やや甘めのタイプが多いです。ですが、今里酒造のそれは、たしかにやや甘めながらどっしりとした深みもあるのが特徴。特にこちらは山田錦100%なので、山田錦本来の旨味がしっかりと感じられます。それでいて、精米50%というのもあって、フレッシュな後味が楽しめます。ちなみに「SAKE COMPETITION 2015」の純米吟醸部門で、GOLD受賞。さらに凄いのは、これだけの高スペックでありながら、720mlで1600円(税別)というお得な価格設定なのです!

六十餘洲 純米吟醸 山田錦

今里酒造株式会社

フードジャーナリスト はんつ遠藤はんつ遠藤の記事をもっと読む!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
どんな味がするのか知りたい!世界の調味料3選
母の誕生日に「ナウシカ」王蟲の手作りケーキ やりすぎ感満載の出来栄えに注目が集まる
《ミスドのクリスマス♪》みんなでシェアできる直径18cmの"ビッグドーナッツ"がボリューミーで可愛い♡
クリスマスまであと少し!同僚や友人に贈りたいかわいいホリデーギフト7選
どんなに飲み食いしても3000円以上かからない食堂が存在した! 5000円分飲んでも3000円!! 東京・曙橋「定食酒場食堂」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加