追い抜き娘世界新!平昌金見えた圧倒V 地元オランダに大差

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇スピードスケートW杯第1戦 女子団体追い抜き(2017年11月10日 オランダ・ヘーレンフェイン)

女子団体追い抜きで高木美帆(23=日体大助手)、佐藤綾乃(20=高崎健康福祉大)、高木菜那(25=日本電産サンキョー)の日本が2分55秒77の世界記録で優勝した。09年にカナダがマークした記録を0秒02更新した。

今季最初の国際舞台で日本女子が最高のスタートを切った。世界新を告げるアナウンスに場内はどよめき、リンクには歓喜の輪が広がる。カナダが標高1000メートル超えの高地カルガリーで出した世界記録を、高木美率いるジャパンが平地のリンクで約8年ぶりに更新。来年2月の平昌五輪で金メダルを狙う日本の大黒柱は「狙っていたわけではなかったが、凄い記録が出た」と目を丸くした。

3人で先頭を入れ替わりながら6周する。地元の強敵オランダとの同走で、序盤から積極的に飛ばした。オランダに2周目の途中までリードを奪われたが、先頭を滑った高木美の勢いを殺さず、2番目の佐藤、3番目の高木菜はそのスピードをしっかりと維持。最後は再び高木美が引っ張り、3秒29もの大差で制した。

減速の伴う先頭交代をこれまでの4回から3回に減らした。それぞれの負担が増す難度の高い戦術だが、同じ会場で行われた15年世界距離別選手権は同様の作戦で挑み初戴冠。昨季のW杯最終戦は失敗に終わるなどリスクを伴う。担当する糸川コーチも「挑戦」と表現するが、高木美の抜けた力を最大限生かす戦法だ。昨季は隊列を乱すことが多かった20歳の佐藤はよろめく場面がありながらも最後まで粘り、「夏に積み重ねてきたものを発揮できた」と話した。

同種目では10年バンクーバー五輪で銀メダルを獲得。当時、補欠だった高木美は「練習で蓄積してきたものが大きい。おのおののレベルが上がっている」とうなずいた。敵地で五輪覇権を争うライバルに見舞った先制パンチ。最年長25歳の高木菜は「このタイムを出せる力があると分かった。これからも出ると思う」と力強かった。

▽団体追い抜き 1チーム3人が隊列を組み、空気抵抗を受けて体力の消耗の大きい先頭を入れ替えながら、男子は8周(3200メートル)女子は6周(2400メートル)する。リンクの対角から2チームが同時にスタート。3人のうち最後にゴールした選手のタイムを競う。入れ替えの場所や回数は自由。06年トリノ大会から五輪で実施されている。

▽スピードスケート五輪代表への道 W杯前半4大会で男女500メートル(7戦)は3位以内3回、男女1000、1500メートル(4戦)、女子3000メートル、男子5000メートル、男女マススタート(ともに3戦)は同2回、女子5000メートル、男子1万メートル(ともに1戦)は同1回の条件を満たした最上位者を代表に選び、残りは代表選考会(12月27~30日、長野)で決める。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
西川史子、日馬富士と「泥酔大暴れ」報道否定「離婚早まったのは事実」
ローラ「しぼったぞぉ〜う!!」→「人間じゃないだろ」「リアルセーラームーン体型」
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
「この子は渡さない!」子犬を守る、めっちゃ過保護な親犬
「俺、出たくない」ワンオクが紅白出場を徹底拒否する理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加