「商品届いていません」「壊れていました」米Amazonへのクレーム詐欺で1億円を稼いだ夫婦

「商品届いていません」「壊れていました」米Amazonへのクレーム詐欺で1億円を稼いだ夫婦

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2017/10/11
No image

Image: rvlsoft / Shutterstock.com

ひっかかってしまった。

お店というのは、品物が破損したり、万引きにあったりなどなど、あれこれ損害も予算に含んでいるものです。しかし、予算が無駄にならないようにしっかりとクレーム理由などを調査するのが普通。が、ネットショッピングの巨人Amazon(アマゾン)は、組織が巨大すぎてそこが甘かった。膨大な売り上げ量とお客様第一主義によって、あまり力を入れていなかったのがクレームに対する調査。なんと、とある夫婦が、 この甘さを利用して米Amazonから120万ドル(約1億3500万円)相当の品を騙しとっていたのです。

Amazon詐欺を行なったのは、インディアナポリスに住むFinan夫婦。品物が届かなかった、届いた品が壊れていたなどのクレームをつけ、返品・返金することで商品を騙しとっていました。それも、GoPro、Microsoft Xbox、Samsungのスマートウォッチなどなど、合計120万ドル相当。夫婦は今年5月に逮捕され、先日有罪判決にて最大20年の懲役。返品・返金調査がいくらザルだとしても、120万ドルもだましとられるなんて…、と思いますが、この夫婦は何百ものフェイクアカウントを使って、トラッキングされないように詐欺をしていたといいます。ちなみに、Amazonからの申告で発覚したのではなく、インディアナ州警察と国税庁の調査で発覚。ということは、大量の商品を騙し盗られていた張本人=Amazonは、事が明るみになるまでまったく気づいていなかったということです。

Amazonにとって、今回逮捕された夫婦による損害なんて痛くもかゆくもないのでしょう。ただ、こういう人が他にもいると思えば、真の損害額は一体いくらになることやらば。

Image: rvlsoft / Shutterstock.com
Source:DoJ,USA Today

そうこ - Gizmodo US[原文

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「いっちゃう」の本当の意味は?かわいく「気持ちいい」を伝える10の方法
正しく使えてる!?『バナナクリップ』で簡単に可愛く変身しよう❤️
女子355人に聞いた!「イケてるおじさん」と「ただのおじさん」の境界線とは
東京ディズニーシー「クリスマス・ウィッシュ 2017」のエンターテイメント
【秋の1dayトリップ】富士山紅葉・温泉・牧場を日帰りで満喫!静岡・田貫湖周辺の旅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加