阪神、意地の引き分け 広島の優勝決定を阻止

阪神、意地の引き分け 広島の優勝決定を阻止

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/15

◇セ・リーグ 阪神2―2巨人(2017年9月14日 甲子園)

No image

<神・巨>1回2死二、三塁、大山が左前へ2点適時打を放つ

セ・リーグ2位の阪神は巨人と延長12回2―2で引き分け、DeNAを下しリーグ優勝へマジック1とした首位・広島のこの日の優勝決定は阻止した。

阪神は初回2死二、三塁から5番・大山の左前適時打で2点を先制。2回以降は巨人の先発・菅野から追加点を奪うことはできなかったが、守備で先発の秋山を守り立てた。

4回は1死一塁から坂本の大飛球をセンターの俊介がフェンスに体をぶつけながら好捕。6回には1死二塁から坂本のファウルフライを一塁の大山が好捕し、さらに二塁からタッチアップを狙ったマギーを三塁で刺し、併殺でピンチを逃れた。

秋山は13勝目は逃したものの、6回を4安打無失点の好投。8回に3番手の桑原が1点を失い、9回にはドリスが1点を失って同点に追いつかれたものの、10回はマテオが3者凡退、11、12回は石崎が完璧に抑え込んだ。

巨人は先発の菅野が初回に2点を失いながらも、2回以降は7回まで無失点に抑える粘りの投球。打線は7回に3連打で1点を返したが、なお1死一、二塁でマギーが投ゴロ併殺。9回は1点を返し、なお2死満塁のチャンスに宇佐見が空振り三振に倒れて勝ち越せず。延長ではチャンスさえつくれなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鷹91勝!中継ぎ王・岩崎、フル回転71試合登板で球団新46HP
ヤクルト来季新監督に小川SD復帰へ  OB宮本氏がHC入閣
21年間の現役生活に幕 井口資仁の偉大な野球人生を振り返る
TGS2017 コンパニオン100人撮り!【その3】
ノムさん、巨人・村田をバッサリ「見ていると現役復帰したくなる。まだ俺の方がましやろ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加