宇野がV!4回転サルコー初成功、全てで自己ベスト

宇野がV!4回転サルコー初成功、全てで自己ベスト

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

男子フリーで演技する宇野昌磨(撮影・PNP)

<フィギュアスケート:ロンバルディア杯>◇16日◇イタリア・ベルガモ◇男子フリー

ショートプログラム(SP)首位発進の宇野昌磨(19=トヨタ自動車)が、フリー214・97点の合計319・84点で2連覇を成し遂げた。

今季初戦ながらSP、フリー、合計の全てで自己ベストを更新し、2本目のジャンプでは4回転サルコーに初成功。トーループ、フリップ、ループに続く自身4種類目の4回転ジャンプを実戦で決め「サルコーは今回跳んでみて、フリップぐらい確率が良くなるジャンプかなと思った。ループよりも確率が良くなると思うので、自分の『挑戦ジャンプ』じゃなくて、自分を『手助けするジャンプ』にしたい」と振り返った。

今季は2季ぶりに「トゥーランドット」を使用。高得点はマークしたものの「トゥーランドットをあまり演じられなかった。本当にジャンプに気がいってしまって、自分(のジャンプ)を確かめるっていう意味では良かったけれど、トゥーランドットを表現できるように1年間通してやっていきたい」。18年平昌五輪へ、4回転を5本盛り込んだ高難度のプログラムに、その他の要素も質を上げていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋<女子高生スペシャル>】樋口新葉選手<後編>
前哨戦でフリー惨敗の羽生結弦は平昌五輪連覇に向けて不安はあるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加