九州豪雨から3カ月 約20万トンの流木を一カ所に

九州豪雨から3カ月 約20万トンの流木を一カ所に

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

動画を見る(元記事へ)

九州豪雨から3カ月余り経ち、福岡県は県内に分散している大量の流木を処理するため、1カ所に集める作業を始めました。

7月の九州豪雨では福岡県全体で約20万トンの流木が発生し、現在、県内12カ所に設けられた一次仮置場に保管されています。福岡県東峰村では仮置場の流木を搬出する作業が始まっていて、福岡県筑後市の二次仮置場に集約されます。今月下旬ごろから流木の破砕処理をする予定です。福岡県は2019年3月までにすべての流木処理を終えたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
検査結果伝えず男児が“髄膜炎”に 職員を書類送検
韓国高速鉄道、時速300キロで走ったら線路の破損が5倍に激増=韓国ネット「つまりは手抜き工事」「中国の高速鉄道を輸入して」
テルモの医薬品工場 機械に上半身挟まれ男性死亡
台風21号の接近が早くなりました
女児への強制わいせつ容疑、人気アプリ会社役員を逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加