王岐山氏 最高指導部会議に出席、影響力が健在=香港メディア

王岐山氏 最高指導部会議に出席、影響力が健在=香港メディア

  • FISCO
  • 更新日:2017/12/06
No image

株式会社フィスコ

中国共産党中央規律検査委員会の前トップの王岐山氏はこのほど、党の最高指導部の会議に出席した。王氏は、10月下旬に閉幕した党大会で最高指導部から退き、一般党員となった。専門家は王氏が同会議に出席したことは、今後引き続き党内で影響力を発揮していくことを意味する、と指摘した。

香港英字紙・サウスチャイナ・モーニング・ポスト(1日付)は、王岐山氏は依然として、党中央政治局常務委員会会議に出席する資格を与えられていると報道した。また同紙は数人の情報筋の話を引用して、来年3月開催の両会で王岐山氏は国家副主席に選出されるだろうと伝えた。

王岐山氏は、習近平国家主席の右腕として過去5年間、大規模な反腐敗運動を通して、党内習氏の敵対勢力である江派の弱体化に成功した。しかし10月の党大会において、習陣営と江派は権力集中をめぐって激しい駆け引きを繰り広げていた。その結果、習氏は、江派に譲歩してひとまず王岐山氏の次期チャイナセブンの再任をあきらめた。

上海政法学院の陳道銀・副教授はサウスチャイナ・モーニング・ポストに対して、国家副主席に選出される見通しの王岐山氏は、最高指導部のメンバーでないにもかかわらず、党の長老や習氏の顧問として影響力を発揮していく、との見方を示した。

一方、時事評論員の夏小強氏は、「王氏が中央政治局常務委員会会議に出席したことは、同氏が依然として習政権の中心人物であり、習氏の政権運営に関わっていくことを意味する」との認識を示した。習政権はこれからも反腐敗運動を強化していくと指摘した。

また、「一般党員となった王氏が最高指導部の会議に出席したこと自体、党内指導部で『68歳以上引退』の慣例を破ることより大きな意味を持つ」と語った。

党大会で、王岐山氏と同じく最高指導部から退任した江派の劉雲山氏、張高麗氏などが、中央政治局常務委員会に出席したとの報道はまだない。

「習近平氏は中央政治局常務委員会の主導権と政策決定権を完全に掌握したことは明白だ」と、夏氏が述べた。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「これを見たらもう日本を批判できなくなった」という動画を見た、中国人たちの反応
米国、今月18日に北朝鮮を軍事攻撃か...核兵器も選択肢、中国も容認へ
外国人を驚かせてきた韓国の公衆トイレ個室のごみ箱、すべて撤去へ=韓国ネット「まだ韓国では早いのでは?」「トイレ天国の日本では...」
沖縄に手を出してきた中国の「一帯一路」、狙いは本土との分断か
あの有名ブランドにそっくり?韓国の「平昌スニーカー」にデザイン盗作疑惑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加